【ブランドストーリー】
ストリートスケート創世記のプロライダーとして活躍したJohnny Schillereff(ジョニー・シラレフ)が、1992年に設立。先見の目で若い才能をいち早く引き上げ、多くのレジェンドスケーターを輩出することで、シーンを引率するスケートボードブランドへと成長を果たしていく。 ELEMENTは社会意識の高いポジティブなブランドとして、ロゴデザインに半永久的に地球上に生き続ける "木" を、さらに宇宙の基本構成要素と考えられるWIND、WATER、FIRE、EARTHの4つをメインコンセプトに掲げている。 大自然の中にスケートキャンプを運営し、青少年を育成する非営利団体ELEMENTAL AWARENESSや、クリエイティブな人材で展開するプロジェクトADVOCATE PROGRAMなど、スケートボードを通じて社会貢献する活動にも積極的に取り組み、現在では世界中で愛されるスケートボードブランドとして人気を博している。

【ヒストリー】
1992 - Johnny SchillereffとAndy Howellが「UNDERWORLD ELEMENT」を設立
1993 - UNDERWORLD ELEMENT『SKYPAGER』
1994 - ブランド名を「ELEMENT」へ変更
           ELEMENT『FINE ARTIST VOL.1』
1998 - ELEMENT『THIRD EYE VIEW』
2000 - ELEMENT『WORLD TOUR』
2005 - ELEMENT『ELEMENTALITY VOL.1』
           ELEMENT EUROPE『RISE UP』
           ELEMENT KIDS『TRICKS』
2006 - ELEMENT『ELEMENTALITY VOL.2』
           ELEMENT『BRENT ATCHLEY PRO DEBUT VIDEO』
2007 - ELEMENT『THIS IS MY ELEMENT』
2008 - ELEMENT『BAM'S OR BUST!』
           ELEMENT BRAZIL『VISCA! TOUR SPAIN』
2009 - ELEMENT『MAKE IT COUNT』
           ELEMENT『TRAVEL WELL PROMO』
2010 - ELEMENT EUROPE『GET BUSY LIVING』
           ELEMENT『QUATTRO』