Posts Tagged ‘Tsubasa Kuga’

Friday, April 28, 2017 - BY

四国初上陸! MAKE IT COUNT 2017 開幕戦を制したのは上村颯

TOKUSHIMA, JP – MAKE IT COUNT 2017

RESULTS:
Overall Winner: Hayate Kamimura
Japan Finalists: Hayate Kamimura, Tokiya Imamura, Kouki Onishi

去る4月22日(土)、Make It Countコンテスト2017年の開幕戦が、徳島県の阿南スケートパーク(パーク正式名称:羽ノ浦健康スポーツランド スケートボード場)にて、四国は徳島県を代表するローカルプロショップWaumと阿南スケートボード協会の協力のもと開催となった。この阿南スケートパークは、三角や四角、円形のカーブセクションを始め、スラッピーやウォール、バンクセクション、そして中央には円錐形のアールセクションと、全国でも他に類のない個性的なストリート嗜好の強いパークとなっている。当日エントリー数は20名弱、ギャラリーは100名ほどといつもの開催に比べると少なかったものの、四国を始め、近畿、中国地域から実力者達が集結し、熱いセッションで盛り上がりをみせた。ライヴ映像配信サービス「FRESH!」の協力で、昨年に引き続きインターネット上で生中継を実施。中継のメインMCを阿部直央、大会ヘッドジャッジを久賀翼がそれぞれ担当。予選は、13歳以下、14歳以上の2クラスに別れ、1グループ4〜6名で10分間のジャムセッションを行い、準決勝、決勝は各5分間という流れで行った。7月の国内最終戦行きのチケットを掛け、各地から集結したスケーター達がしのぎを削り、激戦となった本戦。結果、3位にはベーシックなトリックを数多く披露した大西孝樹、2位には完成度の高いハードフリップを連発した今村怜也、そして優勝は、クオーターでの360や円錐セクションからのバンクインなど個性的なスタイルを見せつけた上村颯が見事に獲得した。7月の国内最終戦のチケットは、上村颯、今村怜也、大西孝樹の3人に手渡された。Congrats!! 次回第2戦は、5月13日(土)に熊本県のUKIUKIスケートパークで開催!

ELEMENT MAKE IT COUNT 2017 | http://elementjapan.com/make-it-count-japan-2017

LEAVE A COMMENT

Wednesday, August 3, 2016 - BY

MAKE IT COUNT日本最終戦を制し バルセロナ行きを決めたのは 佐川涼!

JAPAN FINALS, JP – MAKE IT COUNT 2016

RESULTS:

Overall Winner: Ryo Sagawa
2nd Place: Kaede Terauchi
3rd Place: Ryo Motohashi

High Ollie Contest
1st Place: Ryo Sagawa (1m)
2nd Place: Leo Takayama (1m)
※規定回数内の跳躍によって判定

Make It Countコンテスト国内最終戦が、7月23日(土)に千葉県のスケートキャンプ場「柏しょうなん夢ファーム」にて開催となった。5つの地方予選を勝ち抜いた15名と、SNS動画コンテスト「Wild Card」で勝ち上がった3名の計18名で、2泊3日の共同スケートキャンプ生活を行い、中日である23日に最終戦を開催。当日は映像チーム「Fuel Media」協力の元、中継カメラ3台を導入し、ライヴ中継チャンネル「AbemaTV FRESH!」にて全国へ生放送を行った。最初はハイオーリーコンテストからスタート。95cm時点で高山零央と佐川涼の一騎打ちとなり、結果1mを規定回数内に飛び越えた佐川涼が優勝。続いて本戦となるジャムセッションコンテストでは、18名を3グループに分け、予選を各2回行う流れで、1回目はパークエリア(10分間)、2回目はハンドレールエリア(5分間)で実施。計6回のセッションから、本橋瞭、佐川涼、田中晶悟、石塚拓也、寺内楓、青木勇貴斗の6名がファイナルに進出。参加最年少12歳ながらステア&ハンドレールで果敢なトライとメイクを魅せた青木勇貴斗、新設ハンドレールセクションでフリップイントリックを連発した石塚拓也、ランプセクションからのぶっ飛びノーハンドオーリーで会場を沸かせた田中晶悟、3位にはレールでのフリップアウトを始めテクニカルなスケーティングが印象的な本橋瞭、2位には抜群のボディバランスで270ボードスライドなどの難易度の高いレールトリックを披露した寺内楓、そして、優勝はハードフリップリバートやスイッチフリップBsボードスライドなど、トリックとスタイルに大きな可能性を感じさせた佐川涼が掴み取った。見事バルセロナ行きの切符を手に入れた佐川涼、9月1日から始まる世界最終戦でも頑張れ!

Photos by 49n Composite Mag, Words by Naoshi Imai

MAKE IT COUNT 2016 JAPAN | http://elementjapan.com/make-it-count-japan-2016

LEAVE A COMMENT

Wednesday, May 18, 2016 - BY

MAKE IT COUNT 第3戦 激戦区 福岡を制したのは福田達也!

FUKUOKA, JP – MAKE IT COUNT 2016

RESULTS:

Overall Winner: Tatsuya Fukuda
Japan Finalists: Tatsuya Fukuda, Leo Takayama, Kenji Nagamatsu

14 and Up
1st Place: Tatsuya Fukuda
2nd Place: Leo Takayama
3rd Place: Kenji Nagamatsu

13 and Under
1st Place: Itsuto Tokiwa
2nd Place: Taiyo Mizote
3rd Place: Taito Takashima

Make It Countコンテスト第3戦は、2012年にNyjah Hustonらが来日を果たした長崎以来となる久しぶりの九州開催。去る5月15日に、福岡県久留米市に位置するSwitchスケートパークで行った。「この時期は雨天が多い」とのローカル談も何のその、当日はこの時期一番の快晴に恵まれ、九州一の室内パークは参加ライダー達の熱気に包まれた。福岡のプロショップGrab協力のもと、九州中の実力派スケーター達が40名弱エントリーし、会場には100名以上のギャラリーで盛り上がりをみせた。13歳以下、14歳以上の2クラスに別れ、予選は1グループ4〜6名で5分間のジャムセッションを2回行い、各グループより2名が勝ち上がって、決勝を行うといったルール。1回目よりも2回目、2回目よりも決勝と、徐々にヒートアップをみせるスケーター達。結果、13歳以下クラスでは、レッジやレールでクリーンな滑りを見せた常磐壱努が優勝。14歳以上クラスでは、スタイルの入った360フリップを始め得意の回し技を披露した永松健児が3位、回しやレールをスタイリッシュかつ高いメイク率で魅せた高山零央が2位、そして、難易度の高いテクニカルな回し技でElement Japanライダー達を唸らせた福田達也が、見事優勝を勝ち取った。7月の国内最終戦のチケットは、永松健児、高山零央、福田達也の3人に手渡された。Congrats!!

Words and Photos by Naoshi Imai

MAKE IT COUNT 2016 JAPAN | http://elementjapan.com/make-it-count-japan-2016

LEAVE A COMMENT

Tuesday, April 12, 2016 - BY

MAKE IT COUNT 第1戦 大阪を 制したのは影山武士!

OSAKA, JP – MAKE IT COUNT 2016

RESULTS:

Overall Winner: Takeshi Kageyama
Japan Finalists: Takeshi Kageyama, Daiki Kamemizu, Toki Kakitani

16 and Up
1st Place: Takeshi Kageyama
2nd Place: Daiki Kamemizu
3rd Place: Shinya Masuda

15 and Under
1st Place: Toki Kakitani
2nd Place: Kotarou Kawai
3rd Place: Hayate Kamimura

2016年のMake It Countコンテスト国内開幕戦が、去る4月9日(土)に、オープン1周年を迎えた大阪Spotakaスケートパークにて開催。今回の大阪戦では、Osaka Daggersで知られるDAL氏が会場MCとして初参戦し、大阪の重鎮スケーター奥村竜一氏と山田晋一氏がヘッドジャッジを務める他、さらにAbemaTV FRESH!によるライヴ中継が入るなど、話題も豊富。15歳以下クラス、16歳以上クラスに分けて、2〜4名で1セッション3〜5分間で行い、関西中心に約40名弱のエントリーとなったが、非常にレベルの高さが際立ったコンテスト内容となった。15歳以下クラスでは、トリックのメイク率が非常に高く、ジャッジを悩ませる場面も多かったものの、結果、回しからのトリックをスピード感あるスタイルで連発した柿谷斗輝が優勝。16歳以上クラスでは、スタイルのある滑りで、この個性的なSpotakaスケートパークの隅々まで滑りこなした17歳の影山武士が優勝を飾った。そして、ヘッドジャッジとElemenetライダー達との協議の上、7月の国内最終戦のチケットは、柿谷斗輝、影山武士、亀水大樹の3人に手渡された。次回は4月23日(土)に、山形県の寒河江スケートパークで第2戦目が開催!


AbemaTV FRESH! | https://abemafresh.tv/element-make-it-count-osaka


Photos by Naoshi Imai & Daisuke Takahashi (TransWorld SKATEboarding Japan)

MAKE IT COUNT 2016 JAPAN | http://elementjapan.com/make-it-count-japan-2016

LEAVE A COMMENT

Friday, April 1, 2016 - BY

ビデオプロジェクト NEW WORLD ELEMENT が公開!

世界6地域のELEMENTチームが参加するグローバルビデオプロジェクト「NEW WORLD ELEMENT」が、US時間4月1日(金)より約1ヵ月に渡り、世界NO.1スケートボードサイトTHE BERRICSにて公開決定! このNEW WORLD ELEMENTは、アメリカが主導となり、ヨーロッパ、日本、カナダ、オーストラリア、ブラジルの6地域が参加。毎週金曜日に各国のチームパート映像がTHE BERRICS上で順次公開されます。ELEMENT JAPANチームのパート映像は、4月8日(金)に公開予定です(※US時間になりますので、日本では4/9公開予定)。世界のELEMENTチームの最新のスケート映像を是非チェックください!

SCHEDULE:
4/1 – Brazil
4/8 – Japan
4/15 – Australia
4/22 – Canada
4/29 – Europe
5/4 – “Highlights”

THE BERRICS | NEW WORLD ELEMENT – http://theberrics.com/

LEAVE A COMMENT

Thursday, June 4, 2015 - BY

アメリカ行きが決定! MAKE IT COUNT JAPAN 2015は 田中陽が総合優勝!

TOKYO, JP – MAKE IT COUNT 2015

RESULTS: Overall Winner: Akira Tanaka

Session1 (Under13 GroupA): Aori Nishimura  Session2 (Under13 GroupB): Daiki Hoshino
Session3 (Over14 GroupA): Tourean Mcderius  Session4 (Over14 GroupB): Akira Tanaka
Session5 (Under13 GroupC): Rio Morishige  Session6 (Under13 GroupD): Sora Negishi
Session7 (Over14 GroupC): Sena Sakashita  Session8 (Over14 GroupD): Ryo Hashimoto

Make It Countコンテスト2015年の国内最終戦が、5月30日(土)に東京都足立区の「ムラサキパーク東京」にて開催となった。今開催は、SkyperfecTV協力のもと国内スケートボード業界初となるコンテストのライヴ中継を実施。さらに昨年末にオープンしたばかりの国内最大級室内スケートパークでの開催ということもあり、アメリカ行きチケットを目指して全国各地から90名の足自慢達が参加し、この5年間で最も多いエントリー数となった。東京を中心に、神奈川、埼玉、千葉、茨城、群馬などの関東圏からはもちろん、北海道、山形、福島、静岡、三重、広島、沖縄といった全国各地から集まり、ギャラリーも300名を越える盛り上がりに。
 コンテストの流れは、10分間のセッション(予選)を8回行い、各セッションの勝者にて10分間のファイナル(決勝)を行うといったもので、ELEMENT & DAKINE JAPANライダー達のジャッジにより各セッションからベストスケーターが選出される。激戦となった予選を勝ち抜いたのは、13歳以下クラスから、西村碧莉、星野大喜、守重琳央、根岸空、14歳以上クラスから、トーリアン・マクディリアス、田中陽、坂下世那、本橋瞭、さらにワイルドカード枠として、保坂太透、クリス又吉、星野玄翔らが見事ファイナルへと駒を進めた。そして、恐らく国内トップレベルのアマチュア達の戦いになったであろうファイナルでは、全てのセクションで高いスキルを見せ、Bsフィーブルグラインド to ビッグスピンアウトをメイクするなど、会場を最も沸かせてくれた田中陽(15歳)が見事に総合優勝を飾った。Congrats Akira!! 8月1日にアメリカLAで開催する世界最終戦でも、日本代表として存分に実力を発揮してきてもらいたい。頑張れ!

MAKE IT COUNT JAPAN 2015 OFFICIAL SITE | http://elementjapan.com/make-it-count-japan-2015
photos by 440

LEAVE A COMMENT

Monday, June 23, 2014 - BY

MAKE IT COUNT日本代表は 小鈴大和に決定!

富山 の 新スケートパーク「NIXスポーツアカデミー」での激戦を制し、驚異的なパフォーマンスでELEMENT & DAKINEプロライダー達のハートを掴み、最終的にUSA最終戦へのチケットを手に入れたのは、名古屋より参戦を果たしたニュージェネレーション、小鈴大和(14歳)に決定! 世界各国のMake It Countコンテスト勝者(約20名)が、8月3日よりLAに集結し、約1週間に渡ってツアーを行い、今年は話題のパークThe Berricsにて、現地時間8月9日(土)に最終戦が行われる。Go Yamato!!! 現地の情報はELEMENT JAPANのSNS(Facebook, Instagram, Twitter)で発信していくのでチェック!


MAKE IT COUNT 2014 INTERNATIONAL SITE | http://us.elementbrand.com/e/make-it-count

LEAVE A COMMENT

Friday, June 6, 2014 - BY

MAKE IT COUNT 富山は 14歳のアップカマー 小鈴大和が優勝!

TOYAMA, JP – MAKE IT COUNT 2014

RESULTS:

Overall Winner: Yamato Kosuzu

13 and Under
Session1: Toki Kakitani
Session2: Haruto Hoshino

14 and Up
Session1-A: Anderson Nakashima    Session1-B: Ryuya Nakagawa
Session2-A: Leo Takayama        Session2-B: Kaito Nakata
Session3-A: Yamato Kosuzu        Session3-B: Kensuke Sasaoka

 5月31日(土)、2014年のMake It Count国内戦を締めくくる最終戦が、ゴールデンウィークに富山市にオープンしたばかりの「NIX(ニックス)スポーツアカデミー」で開催となった。今回の富山戦には、阿部直央、川渕裕聡、久賀翼、阿部涼太、佐野誠哉、森岡正治らELEMENTライダーの他に、イベントスポンサーであるDAKINEからも松尾裕幸、山城正隆といった豪華メンツが集結。さらに日本最大、日本初の”スケートプラザ”型のパークということもあり、会場には多くの人達が朝から詰めかけ、富山を中心に、岐阜、石川、愛知、静岡、三重、大阪、奈良、京都、香川、東京、千葉、神奈川、福島、山形、秋田から、総勢53名の実力者達がエントリー。ギャラリーは400名ほどに膨れ上がった。
 10分間のセッションを計8回行い、安定感のあるハンドレールトリックを連発した高山零央や、スタイルある回しで会場を沸かせた中田海斗、テクニカルな回し&レッジトリックを披露した中島アンデルソン、さらにイッケイケなスタイルからヒップでBs270ヒールフリップをメイクした笹岡健介など、観る側を魅了するハイレベルでクオリティーの高いセッションを披露してくれた。そんな中優勝を勝ち取ったのは、愛知から参戦した14歳のアップカマー、小鈴大和!ステアでのBsビッグスピンフリップや特大ギャップでのキックフリップなど、安定感と勢いを持ち合わせたスタイルでギャラリーを惹き付けていた。Congrats Yamato!!! これで広島戦の優勝者と富山戦の優勝者が出揃った。8月のアメリカ最終戦行きのチケットを手に入れるのはどちらか1名。発表は6月20日(金)、ウェブサイトとSNSで発表となる。アメリカ行きを手に入れるのは誰だ?!


LEAVE A COMMENT

Wednesday, April 30, 2014 - BY

MAKE IT COUNT 広島はローカルスケーター川村健太が優勝!

HIROSHIMA, JP – MAKE IT COUNT 2014

RESULTS:

Overall Winner: Kenta Kawamura

13 and Under
Session1: Raimu Sasaki
Session2: Shosei Saito

14 and Up
Session1-A: Kazumichi Yamada    Session1-B: Kenta Kawamura
Session2-A: Riku Kanemoto      Session2-B: Ryota Sako

 2010年からELEMENTが開催している世界中の若手スケートボーダーへ向けたコンテスト「MAKE IT COUNT」が今年も開催。Oakley, Red Bull, Skullcandy, Dakine, The Berrics, Olloclip, Stance, Go Proの協賛を受けて、2014年は広島と富山の計2戦が実現。参加費はすべて無料となり、最終的に1名の最優秀スケーターを7月末より開催するアメリカ最終戦へ無料招待(渡航費、宿泊費含む)する。USAチームから直接スポンサーを受けるチャンスが与えられる、まさにアメリカンドリームなコンテストだ。
 去る4月26日(土)に国内第1戦目が、Element Japanライダー久賀翼のホームタウンである広島で開催。広島は、大阪、福岡、沖縄に次いで西日本でスケートボードシーンが熱い地域となり、中国・四国地方の中心ともなるエリア。今大会は翼が所属する地元ショップBrooklyn Projectsの協力を経て、三原運動公園スケートパークで開催となった。当日は快晴に恵まれ、広島を中心に、岡山、山口、島根、愛媛、香川、三重、福岡、大分、宮崎から45名がエントリー。ギャラリーは200名を越え、三原パークオープン以来最高の盛り上がりだったと公園長のお墨付きも頂いた。10分間のセッションが計6回行われ、非常にハイレベルなコンテスト内容に。最終的に、軽いスタイルと安定感で注目を集めた15歳の兼本理玖と、Brooklyn Projectsライダーの川村健太(28歳)に絞られ、結果、キレのあるトリックを連発した川村が優勝となった。Congrats Kenta!! 次回、第2戦は5月31日(土)、富山ストリートスポーツパークで開催!アメリカ行きを掴むのは誰だ?!

MAKE IT COUNT JAPAN OFFICIAL SITE | http://www.elementjapan.com/makeitcount-japan-2014

MORE PHOTOS –> FLICKER | MAKE IT COUNT HIROSHIMA

LEAVE A COMMENT

Tuesday, May 28, 2013 - BY

MAKE IT COUNT第2戦 三重B7は高山零央が優勝!

Saturday, May 25, 2013  Filmed and Edited by Hidenori Tanaka
 

MIE, JP – MAKE IT COUNT 2013

RESULTS:

Overall Winner: Leo Takayama

13 and Under
Session1: Keyaki Ike
Session2: Keyaki Ike

14 and Up
Session1-A: Leo Takayama      Session1-B: Nakaura Daisuke
Session2-A: Kohki Okuno       Session2-B: Yoki Zekko

昨年は 世界35ヵ国、50都市で開催され、今年で4年目を迎えるMake It Countコンテスト。2013年、日本国内の第2戦目は、去る5月25日に、老舗有名ショップにして国内最高峰のスケートパークを持つ三重県のB7スケートパークにて開催。ELEMENTチームからは、東京より阿部直央、川渕裕聡、大阪より佐野誠哉、森岡正治、広島より久賀翼といった豪華メンツが集結。さらに昨年のMake It Countファイナリストである阿部涼太も合流した。
 この第2戦目の勝者は西日本代表として、6月8日の東京最終戦に完全招待(旅費、交通費含む)される。だけあってか、三重を中心に、大阪、愛知、静岡、京都、岐阜、滋賀、奈良、広島から、40名強の実力者たちが集結。中には千葉から参戦した強者もいた。また、B7オーナー森本氏の影響力の大きさもあり、200名強のギャラリーにこの日のB7は囲まれた。1セッション10分間を1人2回、非常にハイレベルなセッションが繰り広げられ、結果、東京行きのチケットを勝ち取ったのは、大阪から参戦した高山零央!大阪の人気チームExpressionに所属する18歳の注目若手は、ヒップバンクでの高さある360フリップや、ハンドレールでのB/Sリップスライドなど、テクニックと勢いを併せ持ったスタイルで存在感を発揮した。Congratulation Leo!!!
 次はいよいよ6月8日(土)に、東京のお台場ダイバーシティー7FにあるH.L.N.Aスケートパークで国内最終戦が開催!この最終戦も誰でもエントリー可能。福島、三重で実力を出し切れなかった人も再参戦OKだ。誰がアメリカ行きを手に入れるのか!? 入場無料なのでぜひ観戦だけでもお越し下さい!!

LEAVE A COMMENT