Posts Tagged ‘tokyo’

Thursday, June 4, 2015 - BY

アメリカ行きが決定! MAKE IT COUNT JAPAN 2015は 田中陽が総合優勝!

TOKYO, JP – MAKE IT COUNT 2015

RESULTS: Overall Winner: Akira Tanaka

Session1 (Under13 GroupA): Aori Nishimura  Session2 (Under13 GroupB): Daiki Hoshino
Session3 (Over14 GroupA): Tourean Mcderius  Session4 (Over14 GroupB): Akira Tanaka
Session5 (Under13 GroupC): Rio Morishige  Session6 (Under13 GroupD): Sora Negishi
Session7 (Over14 GroupC): Sena Sakashita  Session8 (Over14 GroupD): Ryo Hashimoto

Make It Countコンテスト2015年の国内最終戦が、5月30日(土)に東京都足立区の「ムラサキパーク東京」にて開催となった。今開催は、SkyperfecTV協力のもと国内スケートボード業界初となるコンテストのライヴ中継を実施。さらに昨年末にオープンしたばかりの国内最大級室内スケートパークでの開催ということもあり、アメリカ行きチケットを目指して全国各地から90名の足自慢達が参加し、この5年間で最も多いエントリー数となった。東京を中心に、神奈川、埼玉、千葉、茨城、群馬などの関東圏からはもちろん、北海道、山形、福島、静岡、三重、広島、沖縄といった全国各地から集まり、ギャラリーも300名を越える盛り上がりに。
 コンテストの流れは、10分間のセッション(予選)を8回行い、各セッションの勝者にて10分間のファイナル(決勝)を行うといったもので、ELEMENT & DAKINE JAPANライダー達のジャッジにより各セッションからベストスケーターが選出される。激戦となった予選を勝ち抜いたのは、13歳以下クラスから、西村碧莉、星野大喜、守重琳央、根岸空、14歳以上クラスから、トーリアン・マクディリアス、田中陽、坂下世那、本橋瞭、さらにワイルドカード枠として、保坂太透、クリス又吉、星野玄翔らが見事ファイナルへと駒を進めた。そして、恐らく国内トップレベルのアマチュア達の戦いになったであろうファイナルでは、全てのセクションで高いスキルを見せ、Bsフィーブルグラインド to ビッグスピンアウトをメイクするなど、会場を最も沸かせてくれた田中陽(15歳)が見事に総合優勝を飾った。Congrats Akira!! 8月1日にアメリカLAで開催する世界最終戦でも、日本代表として存分に実力を発揮してきてもらいたい。頑張れ!

MAKE IT COUNT JAPAN 2015 OFFICIAL SITE | http://elementjapan.com/make-it-count-japan-2015
photos by 440

LEAVE A COMMENT

Tuesday, June 11, 2013 - BY

MAKE IT COUNTコンテスト日本代表は 村井海斗 に決定!

Saturday, June 8, 2013  Filmed and Edited by Hidenori Tanaka
 

TOKYO, JP – MAKE IT COUNT 2013

RESULTS:

Overall Winner: Kaito Murai

13 and Under
Session1-A: Ryo Motohashi      Session1-B: Kaede Yoshikawa
Session2-A: Ryo Motohashi      Session2-B: Leo Kiyono

14 and Up
Session1: Keiji Maeno
Session2: Leo Takayama

世界35ヵ国、50都市で開催され、今年で4年目を迎えるMake It Countコンテスト。2013年、日本国内の最終戦は、東京のお台場ダイバーシティー内に完成したばかりのH.L.N.Aスケートパークにて6月8日に開催。ELEMENTチームからは、フランス世界大会で優勝を果たした瀬尻稜を始め、阿部直央、前田正義、田中達也、増田竜万、佐川涼、藤澤虹々可ら、プロ&アマ含めた豪華ライダーが集結。さらに姉妹ブランドであるPLAN Bからは桑本透伍も合流を果たした。
 この最終戦の勝者は、7月末にカリフォルニアのYMCAスケートパークで開催されるアメリカ最終戦に完全招待(旅費、交通費含む)され、The BerricsやUS TransWorldパークなどで撮影の機会も与えられる。エントリーには東京を中心に、茨城、千葉、埼玉、山梨、愛知などから精鋭たち30名が集結。ギャラリーは200名を優に越える盛況ぶりで、コンテスト開催以降最もハイレベルな戦いに、会場は大いに盛り上がりを見せた。10分間のセッションを計6回行い、結果、最終的に福島から勝ち上がった村井海斗(16歳)が総合優勝を飾った。得意のB/Sヒール、インワードヒールなど、スタイリッシュで完成度の高いトリックセンスを見せつけ、ELEMENTライダー達のハートを掴んだようだ。Congratulations Kaito!!! 7/24から始まるアメリカでのトリップで頑張れ!

LEAVE A COMMENT

Saturday, June 1, 2013 - BY

6/8 MAKE IT COUNT最終戦の追加セクションが公開!

いよいよ来週末、6/8(土)に東京お台場ダイバーシティーにてMake It Countの国内最終戦が開催。今回の開催に合わせて、より参加者達がパフォーマンスをしやすいように、4つのセクションをパーク内に追加しました!6/2(日)から滑走可能なので、事前に練習したい人は滑りに来てください。当日はセクションを最大限に活かした滑りを期待してますよ!

① 階段の1段目を埋めてアプローチを延長
 → 丸ハンドレールに入りやすくしました

② 階段の下部分をすべてバンクに変更
 → 上からのバンクインや、下からバンクを使って上れるようにしました

③ 高さ110cmのスロープバンクを追加
 → ステージの各セクションへアプローチしやすくしました

④ ラウンドカーブ中央にスロープバンクを追加
 → 角ハンドレールでの着地がしやすくなりました

H.L.N.A SKATE PARK | http://hlna.jp/skygarden

LEAVE A COMMENT

Tuesday, May 28, 2013 - BY

MAKE IT COUNT第2戦 三重B7は高山零央が優勝!

Saturday, May 25, 2013  Filmed and Edited by Hidenori Tanaka
 

MIE, JP – MAKE IT COUNT 2013

RESULTS:

Overall Winner: Leo Takayama

13 and Under
Session1: Keyaki Ike
Session2: Keyaki Ike

14 and Up
Session1-A: Leo Takayama      Session1-B: Nakaura Daisuke
Session2-A: Kohki Okuno       Session2-B: Yoki Zekko

昨年は 世界35ヵ国、50都市で開催され、今年で4年目を迎えるMake It Countコンテスト。2013年、日本国内の第2戦目は、去る5月25日に、老舗有名ショップにして国内最高峰のスケートパークを持つ三重県のB7スケートパークにて開催。ELEMENTチームからは、東京より阿部直央、川渕裕聡、大阪より佐野誠哉、森岡正治、広島より久賀翼といった豪華メンツが集結。さらに昨年のMake It Countファイナリストである阿部涼太も合流した。
 この第2戦目の勝者は西日本代表として、6月8日の東京最終戦に完全招待(旅費、交通費含む)される。だけあってか、三重を中心に、大阪、愛知、静岡、京都、岐阜、滋賀、奈良、広島から、40名強の実力者たちが集結。中には千葉から参戦した強者もいた。また、B7オーナー森本氏の影響力の大きさもあり、200名強のギャラリーにこの日のB7は囲まれた。1セッション10分間を1人2回、非常にハイレベルなセッションが繰り広げられ、結果、東京行きのチケットを勝ち取ったのは、大阪から参戦した高山零央!大阪の人気チームExpressionに所属する18歳の注目若手は、ヒップバンクでの高さある360フリップや、ハンドレールでのB/Sリップスライドなど、テクニックと勢いを併せ持ったスタイルで存在感を発揮した。Congratulation Leo!!!
 次はいよいよ6月8日(土)に、東京のお台場ダイバーシティー7FにあるH.L.N.Aスケートパークで国内最終戦が開催!この最終戦も誰でもエントリー可能。福島、三重で実力を出し切れなかった人も再参戦OKだ。誰がアメリカ行きを手に入れるのか!? 入場無料なのでぜひ観戦だけでもお越し下さい!!

LEAVE A COMMENT

Tuesday, May 7, 2013 - BY

人気イベント CHALLENGE SKATEBOARDSが お台場で開催!

今年で8年目を迎えたELEMENT主催の人気イベント「Challenge Skateboards」が、去る5月4日のGW真っ只中にお台場Decks Tokyo Beachにて開催。このイベントは、トップスケーター達によるデモンストレーション&スケートスクールを、普段スケートボードを目にすることが少ない一般の人達に体感してもらおうといったものだ。毎年2回、5月と10月の祝日に行っているのだが、今回の開催は過去最も賑わい、またスクール希望者の多い開催となった。ELEMENTから阿部直央、瀬尻稜の人気者ツートップ、フリースタイラーからは大御所の鈴木茂一、若手の神奈川聡と小谷野とも、そしてMCには上田豪プロが参加。会場には近頃のスケートボード人気を表すかのように多くのギャラリーが押し寄せ、初心者スクールでは合計90人を越えるキッズ達で溢れ返った。次回は10月に開催!乞うご期待!

DECKS TOKYO BEACH | http://www.odaiba-decks.com

LEAVE A COMMENT

Wednesday, April 24, 2013 - BY

MAKE IT COUNT第1戦は村井海斗が優勝!


Saturday, April 20, 2013  Filmed and Edited by Kei Saito
 

FUKUSHIMA, JP – MAKE IT COUNT 2013

RESULTS:

Overall Winner: Kaito Murai

13 and Under
Session1: Kaede Yoshikawa
Session2: Gou Saito

14 and Up
Session1-A: Mahana Ito      Session1-B: Yuu Saito
Session2-A: Kaito Murai      Session2-B: Yuu Saito

昨年は 世界35ヵ国、50都市で開催され、今年で4年目を迎えるMake It Countコンテスト。日本国内では3年目を迎え、今年は福島、三重、東京の3都市で開催予定だ。去る4月20日、その第1戦目が福島県の十六沼スケートパークで開催。3.11の事故以降、パーク除染後初のイベント開催となった。この第1戦目は東日本代表を選出するコンテストで、勝者は6月に開催する東京での国内最終戦に完全招待(旅費、交通費含む)される。会場には40名弱というエントリー数ながらも、福島県内からはもちろん、山形、宮城、新潟、栃木、茨城など周辺地域からも実力者たちが集結。非常にレベルの高い戦いに。そんな中、見事に東京行きのチケットを勝ち取ったのは、山形から参戦を果たした16歳の村井海斗!絶品のB/Sヒールフリップを始め、勢いと安定感を併せ持ったスタイルで周囲を圧倒した。Congratulation Kaito!!! 第2戦目は5月25日(土)に三重県のB7スケートパークで開催。次は西日本代表者を決定する。









LEAVE A COMMENT

Friday, March 29, 2013 - BY

TOKYO, JAPAN – MAKE IT COUNT 2013

全国 の アマチュアスケーターへ向けたコンテスト「MAKE IT COUNT」の国内最終戦が、6月8日(土)に東京のお台場にオープンしたばかりのH.L.N.Aスケートパークにて開催決定! ここでの勝者は、7月末にアメリカのカリフォルニアYMCAパークで開催される最終戦へ招待(交通費、宿泊費含む)します! この国内最終戦も誰でも参加可能! 福島、三重で実力を出し切れなかった人も再参戦OK。アメリカ行きを掴み取れ!!

MAKE IT COUNTコンテスト 東京

■開催日:6月8日(土)12:00~19:30 ※17:30〜19:30はアフターパーティー(同会場)
※雨天の場合は翌日6月9日(日)に順延。さらに6月15日(土)、6月16日(日)を予備日
■開催場所:お台場 H.L.N.A スケートパーク(東京都江東区青海1-1 ダイバーシティ7F)
■参加費:無料。但し、缶詰を1人1個以上お持ちください
※集まった缶詰は食糧支援団体”セカンドハーベスト”へ寄付します
■参加ルール:
① エントリーは当日会場でのみ受付(12:00〜13:00)
※参加人数によってエントリーを制限する場合があります
② 13UNDER(13歳以下)はヘルメット着用義務、14OLDER(14歳以上)は自己判断
※当日の貸出はしていませんのでご注意ください
■コンテスト内容:
13UNDER(13歳以下)、14OLDER(14歳以上)の2クラスに分けたジャムセッション形式コンテスト。各セッションでベストトリック賞を選出し、最終的にELEMENTライダー達のジャッジによって、1名のアメリカ最終戦進出者を決定します。
■勝利特典:
① 7月末に開催するアメリカ最終戦へ招待(旅費、宿泊費含む)
② 半年間のELEMENTデッキサポート
■スケジュール:
12:00 エントリー開始
12:45 エントリー〆切、練習終了
13:00 ジャムセッションコンテスト開始(1セッション10分間)
17:00 表彰式
17:30 アフターパーティー(同会場にて)
19:30 終了
■参加予定ライダー:
前田 正義、阿部 直央、川渕 裕聡、瀬尻 稜、山城 正隆(DAKINE)

MAKE IT COUNT 2012 JAPAN FINALS

LEAVE A COMMENT

Friday, March 29, 2013 - BY

MIE, JAPAN – MAKE IT COUNT 2013

全国 の アマチュアスケーターへ向けたコンテスト「MAKE IT COUNT」の国内第2戦目は、5月25日(土)に三重県のB7スケートパークで開催決定!ここでの勝者は西日本代表として、6月に東京で行われる国内最終戦へご招待(交通費、宿泊費含む)。国内最終戦の勝者はアメリカ最終戦へ招待します!

MAKE IT COUNTコンテスト 三重

■開催日:5月25日(土)12:00~18:00  ※雨天の場合は翌5月26日(日)に順延
■開催場所:B7 スケートパーク (三重県志摩市阿児町鵜方1020-11)
■参加費:無料。但し、缶詰を1人1個以上お持ちください
※集まった缶詰は食糧支援団体”セカンドハーベスト”へ寄付します
■参加ルール:
① エントリーは当日会場でのみ受付(12:00〜13:00)
※参加人数によってエントリーを制限する場合があります
② 13UNDER(13歳以下)はヘルメット着用義務、14OLDER(14歳以上)は自己判断
※当日の貸出はしていませんのでご注意ください
■コンテスト内容:
13UNDER(13歳以下)、14OLDER(14歳以上)の2クラスに分けたジャムセッション形式コンテスト。各セッションでベストトリック賞を選出し、最終的にELEMENTライダー達のジャッジによって、1名の国内最終戦進出者を決定します。
■勝利特典:
① 6月8日(土)東京での国内最終戦へ招待(旅費、宿泊費含む)
② ELEMENT最新デッキ & 豪華アイテム
■スケジュール:
12:00 エントリー開始
13:00 エントリー〆切、練習終了
13:30 ベストトリックコンテスト開始
16:30 表彰式
■参加予定ライダー:
阿部 直央、川渕 裕聡、久賀 翼、佐野 誠哉、森岡 正治

MAKE IT COUNT 2012 JAPAN FINALS

LEAVE A COMMENT

Saturday, March 23, 2013 - BY

FUKUSHIMA, JAPAN – MAKE IT COUNT 2013

全国 の アマチュアスケーターへ向けたコンテスト「MAKE IT COUNT」の日本国内戦が今年も開催! 3年目を迎える2013年は、福島、三重、東京の3都市で行う予定で、開幕戦となる第1戦目は、4月20日(土)に福島県の十六沼スケートパークで開催決定!ここでの勝者は東日本代表として、6月に東京で行われる国内最終戦へご招待(交通費、宿泊費含む)。さらに国内最終戦の勝者は、今年もアメリカ最終戦へ招待します! 誰でもエントリー無料なので気軽に参加してみてくれ!

MAKE IT COUNTコンテスト 福島

■開催日:4月20日(土)12:00~18:00  ※雨天の場合は翌4月21日(日)に順延
■開催場所:福島 十六沼スケートパーク(福島県福島市大笹生字俎板山1-83)
■参加費:無料。但し、缶詰を1人1個以上お持ちください
※集まった缶詰は食糧支援団体”セカンドハーベスト”へ寄付します
■参加ルール:
① エントリーは当日会場でのみ受付(12:00〜13:00)
※参加人数によってエントリーを制限する場合があります
② ヘルメット着用義務(※当日の貸出しはしていません)
■コンテスト内容:
13UNDER(13歳以下)、14OLDER(14歳以上)の2クラスに分けたジャムセッション形式コンテスト。各セッションでベストトリック賞を選出し、最終的にELEMENTライダー達のジャッジによって、1名の国内最終戦進出者を決定します。
■勝利特典:
① 6月8日(土)東京での国内最終戦へ招待(旅費、宿泊費含む)
② ELEMENT最新デッキ & 豪華アイテム
■スケジュール:
12:00 エントリー開始
13:00 エントリー〆切、練習終了
13:30 ベストトリックコンテスト開始
16:30 表彰式
■参加予定ライダー:
阿部 直央、川渕 裕聡、瀬尻 稜

MAKE IT COUNT 2012 JAPAN FINALS

LEAVE A COMMENT

Monday, March 4, 2013 - BY

JAPAN TOUR が THE BERRICSのトップページに!

昨年行った ELEMENTチームのジャパンツアー動画がアメリカの人気スケートウェブサイトThe Berricsのトップページにアップされました!この動画は、USAチームが撮影&編集を行ったものでアメリカはもちろん世界中に配信されています。来日したLevi Brown, Mark Appleyard, Nyjah Huston, Nick Garciaを始め、ジャパンライダーの阿部直央、川渕裕聡、瀬尻稜、久賀翼、森岡正治も登場しているので、是非チェックしてみてください!

THE BERRICS – ELEMENT KEEP DISCOVERING JAPAN

LEAVE A COMMENT