Posts Tagged ‘Ryo Sagawa’

Thursday, August 10, 2017 - BY

MAKE IT COUNT 2017 JAPAN FINALSは “本橋 瞭” が優勝!

JAPAN FINALS – MAKE IT COUNT 2017

RESULTS:

Overall Winner: Ryo Motohashi
2nd Place: Takuya Ishizuka
3rd Place: Daiki Hoshino

Ramp Jam Contest
Overall Winner: Takuya Ishizuka

2017年のMake It Countコンテスト国内最終戦が、7月29日(土)に千葉県のスケートキャンプ場「柏しょうなん夢ファーム」にて開催となった。3つの地方予選を勝ち抜いた9名と、SNS動画コンテスト「Wild Card」で勝ち上がった6名の計15名で、2泊3日の共同スケートキャンプ生活を行い、中日である29日に最終戦を開催。当日は映像チーム「Fuel Media」協力の元、中継カメラ3台を導入し、AbemaTVのライヴ中継チャンネル「FRESH!」にて全国へ生放送を実施。さらに会場には特別ゲストとして、New Balance Numericで来日したPJ Laddがジャッジとして参加するサプライズも。まずはNew Balance Numericプレゼンツによるランプジャムコンテストからスタート。15名を3グループに分け、各ヒートから石塚拓也、本橋暸、松木愛瑠の3人が決勝に進出。優勝はトリプルフリップOUT、ダブルトレフリップOUTといった超人技で、会場はもちろん、PJ Laddをも驚かせた石塚拓也が獲得した。続いて本戦となるジャムセッションコンテストでは、予選を各グループ2回行う流れで、1回目はパークエリア(10分間)、2回目はハンドレールエリア(5分間)で実施。計6回のセッションから、星野大喜、本橋瞭、岸海、石塚拓也、石塚佑太、松木愛瑠の6名がファイナルに進出。レッジでのテクニカルトリックを連発した岸海、多彩なハンドレールスタイルでスキルの高さを魅せた石塚佑太、アールセクションやステアでの回し技で会場を沸かせた松木愛瑠、3位にはスタイリッシュな滑りからハンドレールでのフリップFSボードスライドもクリーンにメイクした星野大喜、2位にはスイッチフリップBSリップスライドといったこの日一番の大技を終了間際に決めた石塚拓也、そして優勝は、抜群のボディバランスでスイッチフリップ、BSビッグスピン、スイッチ360フリップを始めとした多彩なトリックバリエーションを完璧なスタイルで魅せた本橋瞭が掴み取った。9月6〜14日までの9日間、バルセロナのストリートにて、世界各国から勝ち抜いたファイナリスト達が集結し、スケートメディアThe Berrics協力の元に世界最終戦が開催する。日本代表として世界の舞台で思いっきり滑って来て欲しい!! 頑張れ、瞭!

ELEMENT MAKE IT COUNT 2017 | http://elementjapan.com/make-it-count-japan-2017

LEAVE A COMMENT

Tuesday, October 25, 2016 - BY

夜のストリートで存在感を放つ STREET LIGHT COLLECTION

ELEMENTの新作アパレルコレクション「THE STREET LIGHT」が登場。着心地の良さと優れた保温性に加え、リフレクター機能が夜のストリートで存在感を放ちます。注目の若手ライダーの佐川涼、小鈴大和を起用したCM映像を今すぐチェック。

photos by Nobuo Iseki

LEAVE A COMMENT

Wednesday, August 3, 2016 - BY

MAKE IT COUNT日本最終戦を制し バルセロナ行きを決めたのは 佐川涼!

JAPAN FINALS, JP – MAKE IT COUNT 2016

RESULTS:

Overall Winner: Ryo Sagawa
2nd Place: Kaede Terauchi
3rd Place: Ryo Motohashi

High Ollie Contest
1st Place: Ryo Sagawa (1m)
2nd Place: Leo Takayama (1m)
※規定回数内の跳躍によって判定

Make It Countコンテスト国内最終戦が、7月23日(土)に千葉県のスケートキャンプ場「柏しょうなん夢ファーム」にて開催となった。5つの地方予選を勝ち抜いた15名と、SNS動画コンテスト「Wild Card」で勝ち上がった3名の計18名で、2泊3日の共同スケートキャンプ生活を行い、中日である23日に最終戦を開催。当日は映像チーム「Fuel Media」協力の元、中継カメラ3台を導入し、ライヴ中継チャンネル「AbemaTV FRESH!」にて全国へ生放送を行った。最初はハイオーリーコンテストからスタート。95cm時点で高山零央と佐川涼の一騎打ちとなり、結果1mを規定回数内に飛び越えた佐川涼が優勝。続いて本戦となるジャムセッションコンテストでは、18名を3グループに分け、予選を各2回行う流れで、1回目はパークエリア(10分間)、2回目はハンドレールエリア(5分間)で実施。計6回のセッションから、本橋瞭、佐川涼、田中晶悟、石塚拓也、寺内楓、青木勇貴斗の6名がファイナルに進出。参加最年少12歳ながらステア&ハンドレールで果敢なトライとメイクを魅せた青木勇貴斗、新設ハンドレールセクションでフリップイントリックを連発した石塚拓也、ランプセクションからのぶっ飛びノーハンドオーリーで会場を沸かせた田中晶悟、3位にはレールでのフリップアウトを始めテクニカルなスケーティングが印象的な本橋瞭、2位には抜群のボディバランスで270ボードスライドなどの難易度の高いレールトリックを披露した寺内楓、そして、優勝はハードフリップリバートやスイッチフリップBsボードスライドなど、トリックとスタイルに大きな可能性を感じさせた佐川涼が掴み取った。見事バルセロナ行きの切符を手に入れた佐川涼、9月1日から始まる世界最終戦でも頑張れ!

Photos by 49n Composite Mag, Words by Naoshi Imai

MAKE IT COUNT 2016 JAPAN | http://elementjapan.com/make-it-count-japan-2016

LEAVE A COMMENT

Tuesday, April 26, 2016 - BY

MAKE IT COUNT 第2戦 寒河江 パークを制したのは佐川涼!

YAMAGATA, JP – MAKE IT COUNT 2016

RESULTS:

Overall Winner: Ryo Sagawa
Japan Finalists: Ryo Sagawa, Haruto Hoshino, Ayaru Matsuki

14 and Up
1st Place: Ryo Sagawa
2nd Place: Haruto Hoshino
3rd Place: Ayaru Matsuki

13 and Under
1st Place: Kotaro Haga
2nd Place: Yuushin Hashimoto
3rd Place: Daiki Takeda

2016年のMake It Countコンテスト第2戦目が、去る4月23日(土)に東北地方最大となる山形の寒河江スケートパークにて開催。当初の天気予報を吹き飛ばし、今年一番の晴天に恵まれた山形開催は、地元プロショップJOCKS協力のもと、山形の各ショップや東北地方を中心とした実力者達が集結し、会場は200名ほどのギャラリーで盛り上がりをみせた。エントリーは総勢60名。13歳以下クラス、14歳以上クラスに別れ、予選は4〜5名で1セッション10分間のジャムセッッション、準決勝と決勝は、5分間のジャムセッション形式で行った。13歳以下クラスでは、まだ体つきが小さいにも関わらず、非常にハイレベルなセッションとなり、結果、スピーディーにパークの様々なスポットを攻めた芳賀己太郎が優勝。14歳以上クラスでは、スタイリッシュな回しやエアで会場を沸かせたローカルの松木愛瑠が3位、ハンドレールを得意とする星野玄翔が2位、驚異のメイク率で難易度の高いトリックを連発した佐川涼が優勝となった。7月の国内最終戦のチケットは、松木愛瑠、星野玄翔、佐川涼の3人に手渡された。Congrats!!

Photos by Naoshi Imai

MAKE IT COUNT 2016 JAPAN | http://elementjapan.com/make-it-count-japan-2016

LEAVE A COMMENT

Monday, August 26, 2013 - BY

国内初の ELEMENTスケートキャンプが長野で開催!

8月16〜18日の3日間、国内初となるELEMENTスケートキャンプが長野県の木崎湖で開催となった。ELEMENTライダーからは、阿部直央、瀬尻稜、川渕裕聡、阿部涼太、中田海斗、佐川涼の6名が講師として参加。木崎湖にテントを設営して生活拠点とし、スケートスクールは白馬にある室内スケートパークTrue Playersや大町のグリーンボウルへ移動して行った。メインの2日目には、木崎湖に飛び込むジャンプランプコンテストや、ELEMENTライダー達の使用済みデッキをリサイクルしたクルーズボードの作成、夜にはキャンプファイヤーを行うなど、終止子供達の笑顔が絶えない2泊3日となった。大自然に癒され、大盛況で終了したELEMENTスケートキャンプ。来年はよりパワーアップして開催予定なので、興味のある人は是非参加してみてくれ!また来年!

Special Thanks: Chees, True Players, Green Bowl, Kizakiko Camping Area, Coleman, Eno, Cookiy, Rey Dela Tormenta

LEAVE A COMMENT

Tuesday, June 11, 2013 - BY

MAKE IT COUNTコンテスト日本代表は 村井海斗 に決定!

Saturday, June 8, 2013  Filmed and Edited by Hidenori Tanaka
 

TOKYO, JP – MAKE IT COUNT 2013

RESULTS:

Overall Winner: Kaito Murai

13 and Under
Session1-A: Ryo Motohashi      Session1-B: Kaede Yoshikawa
Session2-A: Ryo Motohashi      Session2-B: Leo Kiyono

14 and Up
Session1: Keiji Maeno
Session2: Leo Takayama

世界35ヵ国、50都市で開催され、今年で4年目を迎えるMake It Countコンテスト。2013年、日本国内の最終戦は、東京のお台場ダイバーシティー内に完成したばかりのH.L.N.Aスケートパークにて6月8日に開催。ELEMENTチームからは、フランス世界大会で優勝を果たした瀬尻稜を始め、阿部直央、前田正義、田中達也、増田竜万、佐川涼、藤澤虹々可ら、プロ&アマ含めた豪華ライダーが集結。さらに姉妹ブランドであるPLAN Bからは桑本透伍も合流を果たした。
 この最終戦の勝者は、7月末にカリフォルニアのYMCAスケートパークで開催されるアメリカ最終戦に完全招待(旅費、交通費含む)され、The BerricsやUS TransWorldパークなどで撮影の機会も与えられる。エントリーには東京を中心に、茨城、千葉、埼玉、山梨、愛知などから精鋭たち30名が集結。ギャラリーは200名を優に越える盛況ぶりで、コンテスト開催以降最もハイレベルな戦いに、会場は大いに盛り上がりを見せた。10分間のセッションを計6回行い、結果、最終的に福島から勝ち上がった村井海斗(16歳)が総合優勝を飾った。得意のB/Sヒール、インワードヒールなど、スタイリッシュで完成度の高いトリックセンスを見せつけ、ELEMENTライダー達のハートを掴んだようだ。Congratulations Kaito!!! 7/24から始まるアメリカでのトリップで頑張れ!

LEAVE A COMMENT

Wednesday, November 7, 2012 - BY

瀬尻稜が AJSA 2012 の年間優勝者に! 佐川涼もプロ戦 初優勝!

国内最高峰 スケートボード コンテスト「AJSA PRO TOUR 2012」にて瀬尻稜が年間優勝を果たした! 11月3日に東京都足立区にあるMap’s東京スケートパークで行われた最終戦は、足の怪我のために不出場となったものの、年間4年のうち早々と初戦、2戦目で連続優勝を果たして年間優勝を決めた。現在も出場しているプロ戦で無敗記録を更新し続けている。そして瀬尻が欠場した最終戦では、6月のMake It Countコンテスト後にELEMENT Youthチームでのサポートが始まった佐川涼が見事優勝。年間結果でも1位に瀬尻、2位に佐川とELEMENTが見事に上位を独占した。Congrats!!! Double Ryo!!!

AJSA PRO TOUR 2012 | DC CUP

LEAVE A COMMENT