Posts Tagged ‘Oakley’

Thursday, June 4, 2015 - BY

アメリカ行きが決定! MAKE IT COUNT JAPAN 2015は 田中陽が総合優勝!

TOKYO, JP – MAKE IT COUNT 2015

RESULTS: Overall Winner: Akira Tanaka

Session1 (Under13 GroupA): Aori Nishimura  Session2 (Under13 GroupB): Daiki Hoshino
Session3 (Over14 GroupA): Tourean Mcderius  Session4 (Over14 GroupB): Akira Tanaka
Session5 (Under13 GroupC): Rio Morishige  Session6 (Under13 GroupD): Sora Negishi
Session7 (Over14 GroupC): Sena Sakashita  Session8 (Over14 GroupD): Ryo Hashimoto

Make It Countコンテスト2015年の国内最終戦が、5月30日(土)に東京都足立区の「ムラサキパーク東京」にて開催となった。今開催は、SkyperfecTV協力のもと国内スケートボード業界初となるコンテストのライヴ中継を実施。さらに昨年末にオープンしたばかりの国内最大級室内スケートパークでの開催ということもあり、アメリカ行きチケットを目指して全国各地から90名の足自慢達が参加し、この5年間で最も多いエントリー数となった。東京を中心に、神奈川、埼玉、千葉、茨城、群馬などの関東圏からはもちろん、北海道、山形、福島、静岡、三重、広島、沖縄といった全国各地から集まり、ギャラリーも300名を越える盛り上がりに。
 コンテストの流れは、10分間のセッション(予選)を8回行い、各セッションの勝者にて10分間のファイナル(決勝)を行うといったもので、ELEMENT & DAKINE JAPANライダー達のジャッジにより各セッションからベストスケーターが選出される。激戦となった予選を勝ち抜いたのは、13歳以下クラスから、西村碧莉、星野大喜、守重琳央、根岸空、14歳以上クラスから、トーリアン・マクディリアス、田中陽、坂下世那、本橋瞭、さらにワイルドカード枠として、保坂太透、クリス又吉、星野玄翔らが見事ファイナルへと駒を進めた。そして、恐らく国内トップレベルのアマチュア達の戦いになったであろうファイナルでは、全てのセクションで高いスキルを見せ、Bsフィーブルグラインド to ビッグスピンアウトをメイクするなど、会場を最も沸かせてくれた田中陽(15歳)が見事に総合優勝を飾った。Congrats Akira!! 8月1日にアメリカLAで開催する世界最終戦でも、日本代表として存分に実力を発揮してきてもらいたい。頑張れ!

MAKE IT COUNT JAPAN 2015 OFFICIAL SITE | http://elementjapan.com/make-it-count-japan-2015
photos by 440

LEAVE A COMMENT

Thursday, May 7, 2015 - BY

2015年初戦! MAKE IT COUNT 沖縄は JAKE WATKINSが優勝!

OKINAWA, JP – MAKE IT COUNT 2015

RESULT: Overall Winner: Jake Watkins

 2015年の国内初戦となるMake It Countコンテストが、去る4月25日(土)に沖縄県宜野湾市にある「いこいの市民パーク」にて、沖縄を代表するトップスケーター才哲治氏が束ねる”沖縄スケートボード協会”の協力を経て開催。さらに、ELEMENTライダーから阿部直央、川渕裕聡、瀬尻稜、DAKINEライダーから山城正隆、松尾裕幸、SKULLCANDYライダーから桑本透伍ら、豪華トップライダー達が沖縄へ集結した。沖縄はアメリカのカルチャーが深く根付いているだけあり、ローカルスケーター達のレベルも非常に高く、特に今回の開催では、米軍基地内に住んでいる沖縄在住アメリカ人スケーターの参加が多く目立っていた。最終戦行きを狙う実力者達が78名エントリーし、ギャラリーも約300名ほどがコンテスト観戦に訪れていた。
 そんな盛り上がりを見せる中、まずは今回のイベントスポンサーであるOTTER BOXプレゼンツによるハイオーリーコンテストからスタート。ブランドのメインキャラクターであるラッコの”オリ君”も会場入りし、盛り上がりを見せる中、90cmを完璧に飛び越えたJake Watkinsが優勝!見事豪華賞品を手に入れた。
 続いてMake It Countコンテストがスタート。参加者は1人1回10分間のセッションに参加し、自分の滑りをギャラリーにアピール。このパークのメインセクションでもあるハンドレールやステア、アールセクションを使って、非常にハイレベルな滑りが繰り広げられる中、計8回のセッションを行った。結果、ノーリーノーズスライドやステアでのフェイキーフリップなど、ハイレベルかつ安定感の高い滑りで会場を沸かせたJake Watkinsが、ハイオーリーに続き、Make It Countコンテストも見事に優勝を飾った。次は5月30日(土)東京戦!誰がアメリカ行きのチケットを手に入れるのか?!

MAKE IT COUNT JAPAN 2015 OFFICIAL SITE | http://elementjapan.com/make-it-count-japan-2015

LEAVE A COMMENT

Monday, June 23, 2014 - BY

MAKE IT COUNT日本代表は 小鈴大和に決定!

富山 の 新スケートパーク「NIXスポーツアカデミー」での激戦を制し、驚異的なパフォーマンスでELEMENT & DAKINEプロライダー達のハートを掴み、最終的にUSA最終戦へのチケットを手に入れたのは、名古屋より参戦を果たしたニュージェネレーション、小鈴大和(14歳)に決定! 世界各国のMake It Countコンテスト勝者(約20名)が、8月3日よりLAに集結し、約1週間に渡ってツアーを行い、今年は話題のパークThe Berricsにて、現地時間8月9日(土)に最終戦が行われる。Go Yamato!!! 現地の情報はELEMENT JAPANのSNS(Facebook, Instagram, Twitter)で発信していくのでチェック!


MAKE IT COUNT 2014 INTERNATIONAL SITE | http://us.elementbrand.com/e/make-it-count

LEAVE A COMMENT

Friday, June 6, 2014 - BY

MAKE IT COUNT 富山は 14歳のアップカマー 小鈴大和が優勝!

TOYAMA, JP – MAKE IT COUNT 2014

RESULTS:

Overall Winner: Yamato Kosuzu

13 and Under
Session1: Toki Kakitani
Session2: Haruto Hoshino

14 and Up
Session1-A: Anderson Nakashima    Session1-B: Ryuya Nakagawa
Session2-A: Leo Takayama        Session2-B: Kaito Nakata
Session3-A: Yamato Kosuzu        Session3-B: Kensuke Sasaoka

 5月31日(土)、2014年のMake It Count国内戦を締めくくる最終戦が、ゴールデンウィークに富山市にオープンしたばかりの「NIX(ニックス)スポーツアカデミー」で開催となった。今回の富山戦には、阿部直央、川渕裕聡、久賀翼、阿部涼太、佐野誠哉、森岡正治らELEMENTライダーの他に、イベントスポンサーであるDAKINEからも松尾裕幸、山城正隆といった豪華メンツが集結。さらに日本最大、日本初の”スケートプラザ”型のパークということもあり、会場には多くの人達が朝から詰めかけ、富山を中心に、岐阜、石川、愛知、静岡、三重、大阪、奈良、京都、香川、東京、千葉、神奈川、福島、山形、秋田から、総勢53名の実力者達がエントリー。ギャラリーは400名ほどに膨れ上がった。
 10分間のセッションを計8回行い、安定感のあるハンドレールトリックを連発した高山零央や、スタイルある回しで会場を沸かせた中田海斗、テクニカルな回し&レッジトリックを披露した中島アンデルソン、さらにイッケイケなスタイルからヒップでBs270ヒールフリップをメイクした笹岡健介など、観る側を魅了するハイレベルでクオリティーの高いセッションを披露してくれた。そんな中優勝を勝ち取ったのは、愛知から参戦した14歳のアップカマー、小鈴大和!ステアでのBsビッグスピンフリップや特大ギャップでのキックフリップなど、安定感と勢いを持ち合わせたスタイルでギャラリーを惹き付けていた。Congrats Yamato!!! これで広島戦の優勝者と富山戦の優勝者が出揃った。8月のアメリカ最終戦行きのチケットを手に入れるのはどちらか1名。発表は6月20日(金)、ウェブサイトとSNSで発表となる。アメリカ行きを手に入れるのは誰だ?!


LEAVE A COMMENT

Wednesday, April 30, 2014 - BY

MAKE IT COUNT 広島はローカルスケーター川村健太が優勝!

HIROSHIMA, JP – MAKE IT COUNT 2014

RESULTS:

Overall Winner: Kenta Kawamura

13 and Under
Session1: Raimu Sasaki
Session2: Shosei Saito

14 and Up
Session1-A: Kazumichi Yamada    Session1-B: Kenta Kawamura
Session2-A: Riku Kanemoto      Session2-B: Ryota Sako

 2010年からELEMENTが開催している世界中の若手スケートボーダーへ向けたコンテスト「MAKE IT COUNT」が今年も開催。Oakley, Red Bull, Skullcandy, Dakine, The Berrics, Olloclip, Stance, Go Proの協賛を受けて、2014年は広島と富山の計2戦が実現。参加費はすべて無料となり、最終的に1名の最優秀スケーターを7月末より開催するアメリカ最終戦へ無料招待(渡航費、宿泊費含む)する。USAチームから直接スポンサーを受けるチャンスが与えられる、まさにアメリカンドリームなコンテストだ。
 去る4月26日(土)に国内第1戦目が、Element Japanライダー久賀翼のホームタウンである広島で開催。広島は、大阪、福岡、沖縄に次いで西日本でスケートボードシーンが熱い地域となり、中国・四国地方の中心ともなるエリア。今大会は翼が所属する地元ショップBrooklyn Projectsの協力を経て、三原運動公園スケートパークで開催となった。当日は快晴に恵まれ、広島を中心に、岡山、山口、島根、愛媛、香川、三重、福岡、大分、宮崎から45名がエントリー。ギャラリーは200名を越え、三原パークオープン以来最高の盛り上がりだったと公園長のお墨付きも頂いた。10分間のセッションが計6回行われ、非常にハイレベルなコンテスト内容に。最終的に、軽いスタイルと安定感で注目を集めた15歳の兼本理玖と、Brooklyn Projectsライダーの川村健太(28歳)に絞られ、結果、キレのあるトリックを連発した川村が優勝となった。Congrats Kenta!! 次回、第2戦は5月31日(土)、富山ストリートスポーツパークで開催!アメリカ行きを掴むのは誰だ?!

MAKE IT COUNT JAPAN OFFICIAL SITE | http://www.elementjapan.com/makeitcount-japan-2014

MORE PHOTOS –> FLICKER | MAKE IT COUNT HIROSHIMA

LEAVE A COMMENT

Saturday, June 1, 2013 - BY

6/8 MAKE IT COUNT最終戦の追加セクションが公開!

いよいよ来週末、6/8(土)に東京お台場ダイバーシティーにてMake It Countの国内最終戦が開催。今回の開催に合わせて、より参加者達がパフォーマンスをしやすいように、4つのセクションをパーク内に追加しました!6/2(日)から滑走可能なので、事前に練習したい人は滑りに来てください。当日はセクションを最大限に活かした滑りを期待してますよ!

① 階段の1段目を埋めてアプローチを延長
 → 丸ハンドレールに入りやすくしました

② 階段の下部分をすべてバンクに変更
 → 上からのバンクインや、下からバンクを使って上れるようにしました

③ 高さ110cmのスロープバンクを追加
 → ステージの各セクションへアプローチしやすくしました

④ ラウンドカーブ中央にスロープバンクを追加
 → 角ハンドレールでの着地がしやすくなりました

H.L.N.A SKATE PARK | http://hlna.jp/skygarden

LEAVE A COMMENT

Tuesday, January 31, 2012 - BY

飛躍を遂げる15歳、瀬尻 稜 をインタビュー

幼い頃から ELEMENT の一員として活躍する瀬尻稜。昨年のDEW TOUR決勝進出、G-SHOCK REAL TOUGHNESSの優勝でひと皮むけ、これからの活躍が楽しみな15歳の現在の心境を聞いてみた。

ELEMENT:昨年はDEW TOUR11位やG-SHOCK優勝など大活躍だったね。まず年末に行なわれたG-SHOCKから聞いていこうかな?そもそも今回出場することになったきっかけは何だったの?
RYO:VHS MAGの人から連絡がきて出場しないかと。G-SHOCKのREAL TOUGHNESSは前回の大阪での映像をチェックしていて、出場しているメンツも良いし、セクションも自分の好きなレールとステアだったから、出場したいと思ってました。

E:AJSAなどの国内コンテストでは敵ナシで勝ち続けているけど、今回も勝てると思った?
R:全然勝てると思ってなかったです。特に山城(正隆)君と松尾(裕幸)君はヤバい。松尾君はレール系、前回もフリップb/sリップスライドとか簡単にやってたし、またさらに上のことをやってくると思ってた。山城君は前回の大会で優勝していたし、技のメイク率も凄いし。

E:あの六本木ヒルズの特設会場で滑ってみた感想は?
R:観客が多くいつもと違う場所での開催だったから最初は緊張したけど、滑り始めたらほとんど緊張せずに自分の滑りができたかなと思う。最初のうちは何回かミスして焦ったけど、15分のジャムセッションだったから、ベーシックなトリックから1つずつこなしていって、セクションに慣れてからでかい技を狙うって感じでしたね。

E:来日出場していたBobby Worrestは、実際一緒に滑ってみてどんなスケーターだった?
R:好きなライダー。同じE’Sチームだし。昔からKROOKEDのビデオを何度も観ていて、回しがすごい上手いって印象が強かったけど、実際G-SHOCKのコンテストでは急にスイッチが入って、いきなりハンドレール攻めたりしていたから改めて凄いなって感じた。

E:決勝ではBobbyと凄まじい一騎打ちだったけど、セッション中はどんな気分だった?
R:試合中はそこまで気にしている余裕はなかったですね。横目でBobbyが凄い技をメイクしているのが目に入ると「ヤバイ」って感じて、もっと上のトリックを狙わなきゃと思ったけど、なるべく回りを気にしないで自分の滑りに集中してた。でも後からビデオでBobbyの滑りを観て、改めて凄さを感じました。

E:優勝を決めたb/s360ボードスライドは最初からやろうと考えていた?
R:考えていましたね。あのトリックをラストで決められればと。

E:あの日やろうとしてたルーティンは自分としては完璧だった?
R:だいたい完璧でしたね。思っていたよりも360ボードまでは早めにメイクできたんだけど、360ボードが思っていたより時間がかかっちゃって。ギリギリだった。

E:Bobbyが大技を決めて会場を盛り上げた後に、いいタイミングで被せて決めたよね。あれがジャッジに印象的だったんじゃないかな。何よりギャラリーが盛り上がってたし。かなりのギャラリーが集まっていたけど、緊張はしなかった?
R:昨年出場したアメリカのDEW TOURはもっと凄いギャラリーだったし、あれを経験していたからそこまで緊張はしなかったのかも。

E:近年は他にどんな海外のコンテストに参加してる?
R:昨年はDEW TOURとチェコのMYSTIC CUP、一昨年はDAMN AMと韓国でやったコンテストかな。

E:やっぱりDEWはすごかった?
R:DEWが一番ですね。会場がきちんとしていて、お客さんが座る席もあって。360度お客さんから観られている感じ。でもなんかG-SHOCKは一般のお客さんも多く観ているコンテストだったから、またちょっと違った雰囲気だった。違う観られ方というか。

E:そのDEW TOURで昨年ファイナルまで勝ち上がって11位になった訳だけど、あの時は結局何回勝ち上がってファイナルまで行ったの?
R:4回かな。1回戦目がアマチュアの予選で、2回戦目になると Jordan Hoffart、David Gravette とか名の知れているライダーが出てきて、3回戦目になると P.Rod とか Ryan Decenzo とかが出てきて、4回戦目がファイナル。DEWの時もいっぱい練習して、これやってあれやってというルーティンは決まっていたから、コンテスト中は回りを観ながらというよりは自分の世界に入っている感じ。

E:セミファイナル(3回戦)を10位で勝ち進んで、決勝進出を決めたときはどんな気分だった?
R:いやー興奮しました。決勝になると全米で生中継になるんですけど、スタート前にコースの真ん中に集まって、会場が暗くなって選手一人一人にスポットライトが当たって紹介されたりと、本当に演出が凄かった。会場の中心にある画面に自分の顔がバーンと映し出されて。。。ビックリしたね。緊張した。でも、決勝が始まってからは自分の滑りができたと思います。

E:ハンドレールが得意という印象が強いけど、いつぐらいからハンドレールをやり始めたの?
R:スケートを始めた頃から少しずつやっていたかな。最初はもちろんランプばっかりだったけど、体が小さいうちはバンクtoバンクのレールで練習して、徐々に身体が大きくなっていくに連れて下りのレールでも練習するようになりました。最近はフラットのレールで流せるトリックであれば、ほとんどがハンドレールでもできますね。

E:DEWのセクションはどうだった?
R:セクションはデカかったです。でも練習の時に選手のみんなが滑ってみて、「ここのレール長くない?」とか「このカーブ滑んなくない?」とかなると、練習が終わった後にスタッフがレールを切断たり、カーブの角を削ったりってすぐに対応してました。そういう部分はビックリしましたね。

E:エンターテインメントの追求だね。。。生で一緒に滑って「ヤバイ!」って感じたのは?
R:Manny Santiago、David Gravetteかな。Greg Lutzka は P.Rod よりもさらに後から登場して、全く練習していなかったんだけど、1時間ぐらい滑ってそのまま本番であの滑りだったから凄かったな。あんまメイクしてなかったけど。

E:向こうのコンテストと日本のコンテスト、何が違う?
R:DEW TOURは特にコンテストの規模が違うし、ショウという感じがしますね。あとは参加するライダーの考え方だけど、日本のコンテストの場合は前日に練習して翌日本番というのが多いけど、DEWの場合は3日前から練習できて、P.Rodとかも早くから来て一日中練習していたり。試合に対する考え方が違うと感じた。みんな真剣に優勝を狙っているんだなということが伝わってきます。

E:それだけ得る物やケア面も違うからね。日本でも簡単に取り入れられることは何かな?
R:日本のコンテストは1分間って決まっててもラストで何回かトリックができちゃうけど、海外のコンテストは時間に厳しい。その1分間という決められた時間内でやるという意識が強いかな。でも、日本も最近は改善してきてる気がします。

E:今年もDEW TOURには参加する?今年の目標は?
R:今年は海外のコンテストをメインで動く予定です。昨年のDEW TOUR11位は僕にとってとても良い結果だったし、それ以上を目指すのはなかなか難しいとは思うけど、目標は表彰台を狙っていきたいし、常に決勝に立てるような結果を残していければと思います。今年はDEW TOURとアジアンX-GAMES、MYSTIC CUP、それと昨年MYSTICに出場した時に関係者の人からフランスのワールドカップにも誘われたのでそれにも出場するつもり。ヨーロッパはレベルが高い。なぜかブラジルからの参加者が多いですね。コンテスト以外では、ストリートでもっと撮影したい。今年高校生にもなるし、もっといろいろな場所に行ってみたいです。

name:Ryo Sejiri / 瀬尻 稜 / せじり りょう
born:1996年12月11日生まれ。東京都出身
sponsors:Element, Red Bull, e’S, Oakley, Ninja, Venture, Autobahn, Sekino Racing, EFX, KDG, Murasaki Sports

interview by Naoshi Imai

LEAVE A COMMENT