Posts Tagged ‘Murasaki Sports Pivot’

Wednesday, June 15, 2016 - BY

MAKE IT COUNT 第5戦 ハイレベルな北海道を制したのは石塚拓也

HOKKAIDO, JP – MAKE IT COUNT 2016

RESULTS:

Overall Winner: Takuya Ishizuka
Japan Finalists: Takuya Ishizuka, Yuta Ishizuka, Sota Tomikawa (Mantaro Tokura)

Open Class
1st Place: Takuya Ishizuka
2nd Place: Yuta Ishizuka
3rd Place: Sota Tomikawa

Beginner Class
1st Place: Toranosuke Miura
2nd Place: Atsunari Ohnada
3rd Place: Haruto Takahashi

地方予選の最終となるMake It Countコンテスト第5戦が、去る6月12日(日)に北海道の札幌Ediasスケートパークで開催。札幌を中心に道内の多くのスケーター達から支持を集める室内パークEdiasと、ショップMurasaki Sportsピヴォ店の協力のもと、開始6年目にして初の北海道上陸となったMake It Countコンテスト。エントリーは約40名、ギャラリーは200名程となり、「Ediasパーク過去最高の盛り上がり」とオーナーの十字氏も太鼓判を押す程に、この日のEdiasは盛り上がりをみせた。コンテストは、ビギナークラスとオープンクラスの2つに別れ、予選は1グループ4〜6名で5分間のジャムセッションを1人2回行い、各グループより2名が勝ち上がって、準決勝、決勝を行うといったルール。5分間という限られた時間を自由に使えるのがジャムの醍醐味。回を重ねるごとにスケーター達の緊張もほぐれ、いつも通りの実力を発揮出来たのだろうか、ビギナー、オープンクラスともに終止笑顔の耐えないコンテストとなった。そんな中、オープンクラス決勝は、コレまでに無いほどハイレベルな戦いに。結果、高いメイク率でパーク内のアールを全て攻め尽くした冨川蒼太が3位、ハンドレールでのビッグスピンボードスライドやレッジでのBsテールなど難易度と完成度の高さが光った石塚佑太が2位、そして、回しからの様々なレッジトリックや、スイッチでのレールトリック、さらにクオーターでのブラントWフリップOUTなど、キラートリックのみで攻め尽くした石塚拓也が見事優勝。Congrats Takuya!
 7月の国内最終戦チケットはオープンクラス上位3名へと手渡されたが、3位の冨川蒼太がスケジュールが合わないとのため、急遽ライダー達との協議の上、次点(4位)の戸倉万汰廊がチケットを掴み取った。これで、各地方予選より3名ずつ計15人のファイナリスト達が、7月23日の国内最終戦へと駒を進めた。残りの出場枠は3名。現在SNS上(Instagram, Twitter, Facebook)で開催中のスケートビデオコンテスト「Wild Card 2016 Japan」にて決定する。投稿〆切は7月3日(日)23:59まで! 8月にバルセロナで行われる世界最終戦チケットを手にするのは誰だ!?

Words and Photos by Naoshi Imai

MAKE IT COUNT 2016 JAPAN | http://elementjapan.com/make-it-count-japan-2016

LEAVE A COMMENT