Posts Tagged ‘Masataka Yamashiro’

Wednesday, August 3, 2016 - BY

MAKE IT COUNT日本最終戦を制し バルセロナ行きを決めたのは 佐川涼!

JAPAN FINALS, JP – MAKE IT COUNT 2016

RESULTS:

Overall Winner: Ryo Sagawa
2nd Place: Kaede Terauchi
3rd Place: Ryo Motohashi

High Ollie Contest
1st Place: Ryo Sagawa (1m)
2nd Place: Leo Takayama (1m)
※規定回数内の跳躍によって判定

Make It Countコンテスト国内最終戦が、7月23日(土)に千葉県のスケートキャンプ場「柏しょうなん夢ファーム」にて開催となった。5つの地方予選を勝ち抜いた15名と、SNS動画コンテスト「Wild Card」で勝ち上がった3名の計18名で、2泊3日の共同スケートキャンプ生活を行い、中日である23日に最終戦を開催。当日は映像チーム「Fuel Media」協力の元、中継カメラ3台を導入し、ライヴ中継チャンネル「AbemaTV FRESH!」にて全国へ生放送を行った。最初はハイオーリーコンテストからスタート。95cm時点で高山零央と佐川涼の一騎打ちとなり、結果1mを規定回数内に飛び越えた佐川涼が優勝。続いて本戦となるジャムセッションコンテストでは、18名を3グループに分け、予選を各2回行う流れで、1回目はパークエリア(10分間)、2回目はハンドレールエリア(5分間)で実施。計6回のセッションから、本橋瞭、佐川涼、田中晶悟、石塚拓也、寺内楓、青木勇貴斗の6名がファイナルに進出。参加最年少12歳ながらステア&ハンドレールで果敢なトライとメイクを魅せた青木勇貴斗、新設ハンドレールセクションでフリップイントリックを連発した石塚拓也、ランプセクションからのぶっ飛びノーハンドオーリーで会場を沸かせた田中晶悟、3位にはレールでのフリップアウトを始めテクニカルなスケーティングが印象的な本橋瞭、2位には抜群のボディバランスで270ボードスライドなどの難易度の高いレールトリックを披露した寺内楓、そして、優勝はハードフリップリバートやスイッチフリップBsボードスライドなど、トリックとスタイルに大きな可能性を感じさせた佐川涼が掴み取った。見事バルセロナ行きの切符を手に入れた佐川涼、9月1日から始まる世界最終戦でも頑張れ!

Photos by 49n Composite Mag, Words by Naoshi Imai

MAKE IT COUNT 2016 JAPAN | http://elementjapan.com/make-it-count-japan-2016

LEAVE A COMMENT

Thursday, June 4, 2015 - BY

アメリカ行きが決定! MAKE IT COUNT JAPAN 2015は 田中陽が総合優勝!

TOKYO, JP – MAKE IT COUNT 2015

RESULTS: Overall Winner: Akira Tanaka

Session1 (Under13 GroupA): Aori Nishimura  Session2 (Under13 GroupB): Daiki Hoshino
Session3 (Over14 GroupA): Tourean Mcderius  Session4 (Over14 GroupB): Akira Tanaka
Session5 (Under13 GroupC): Rio Morishige  Session6 (Under13 GroupD): Sora Negishi
Session7 (Over14 GroupC): Sena Sakashita  Session8 (Over14 GroupD): Ryo Hashimoto

Make It Countコンテスト2015年の国内最終戦が、5月30日(土)に東京都足立区の「ムラサキパーク東京」にて開催となった。今開催は、SkyperfecTV協力のもと国内スケートボード業界初となるコンテストのライヴ中継を実施。さらに昨年末にオープンしたばかりの国内最大級室内スケートパークでの開催ということもあり、アメリカ行きチケットを目指して全国各地から90名の足自慢達が参加し、この5年間で最も多いエントリー数となった。東京を中心に、神奈川、埼玉、千葉、茨城、群馬などの関東圏からはもちろん、北海道、山形、福島、静岡、三重、広島、沖縄といった全国各地から集まり、ギャラリーも300名を越える盛り上がりに。
 コンテストの流れは、10分間のセッション(予選)を8回行い、各セッションの勝者にて10分間のファイナル(決勝)を行うといったもので、ELEMENT & DAKINE JAPANライダー達のジャッジにより各セッションからベストスケーターが選出される。激戦となった予選を勝ち抜いたのは、13歳以下クラスから、西村碧莉、星野大喜、守重琳央、根岸空、14歳以上クラスから、トーリアン・マクディリアス、田中陽、坂下世那、本橋瞭、さらにワイルドカード枠として、保坂太透、クリス又吉、星野玄翔らが見事ファイナルへと駒を進めた。そして、恐らく国内トップレベルのアマチュア達の戦いになったであろうファイナルでは、全てのセクションで高いスキルを見せ、Bsフィーブルグラインド to ビッグスピンアウトをメイクするなど、会場を最も沸かせてくれた田中陽(15歳)が見事に総合優勝を飾った。Congrats Akira!! 8月1日にアメリカLAで開催する世界最終戦でも、日本代表として存分に実力を発揮してきてもらいたい。頑張れ!

MAKE IT COUNT JAPAN 2015 OFFICIAL SITE | http://elementjapan.com/make-it-count-japan-2015
photos by 440

LEAVE A COMMENT

Thursday, May 7, 2015 - BY

2015年初戦! MAKE IT COUNT 沖縄は JAKE WATKINSが優勝!

OKINAWA, JP – MAKE IT COUNT 2015

RESULT: Overall Winner: Jake Watkins

 2015年の国内初戦となるMake It Countコンテストが、去る4月25日(土)に沖縄県宜野湾市にある「いこいの市民パーク」にて、沖縄を代表するトップスケーター才哲治氏が束ねる”沖縄スケートボード協会”の協力を経て開催。さらに、ELEMENTライダーから阿部直央、川渕裕聡、瀬尻稜、DAKINEライダーから山城正隆、松尾裕幸、SKULLCANDYライダーから桑本透伍ら、豪華トップライダー達が沖縄へ集結した。沖縄はアメリカのカルチャーが深く根付いているだけあり、ローカルスケーター達のレベルも非常に高く、特に今回の開催では、米軍基地内に住んでいる沖縄在住アメリカ人スケーターの参加が多く目立っていた。最終戦行きを狙う実力者達が78名エントリーし、ギャラリーも約300名ほどがコンテスト観戦に訪れていた。
 そんな盛り上がりを見せる中、まずは今回のイベントスポンサーであるOTTER BOXプレゼンツによるハイオーリーコンテストからスタート。ブランドのメインキャラクターであるラッコの”オリ君”も会場入りし、盛り上がりを見せる中、90cmを完璧に飛び越えたJake Watkinsが優勝!見事豪華賞品を手に入れた。
 続いてMake It Countコンテストがスタート。参加者は1人1回10分間のセッションに参加し、自分の滑りをギャラリーにアピール。このパークのメインセクションでもあるハンドレールやステア、アールセクションを使って、非常にハイレベルな滑りが繰り広げられる中、計8回のセッションを行った。結果、ノーリーノーズスライドやステアでのフェイキーフリップなど、ハイレベルかつ安定感の高い滑りで会場を沸かせたJake Watkinsが、ハイオーリーに続き、Make It Countコンテストも見事に優勝を飾った。次は5月30日(土)東京戦!誰がアメリカ行きのチケットを手に入れるのか?!

MAKE IT COUNT JAPAN 2015 OFFICIAL SITE | http://elementjapan.com/make-it-count-japan-2015

LEAVE A COMMENT

Friday, March 15, 2013 - BY

DON’T FORGET 3.11 PARTY

仙台出身の プロスケーター 阿部直央が地元東北への復興支援イベント「Don’t Forget Party」を、3月10日に埼玉県の川口スケートパークで開催した。今回で2回目となるこのイベントは、プロスケーター達が集い、東北への募金の呼びかけを行うとともに震災を決して忘れないというメッセージが込められている。この日は、誰でも参加できるミニコンテストの他、WAIFoneとHOLHYによるライヴペイント、プロ達によるデモンストレーションが行われた。デモ参加スケーターは、阿部直央、川渕裕聡、瀬尻稜、松尾裕幸、山城正隆、池田幸太、小島悠人、阿部涼太といった豪華メンツ。会場には関東以外の遠方からも含め多くのギャラリーで賑わっていた。会場で集めた募金以外にも、使用済みデッキをリシェイプしてペイントしたデッキや、クルーズ用の足回りを付けたクルーズボードを今後ウェブ上で販売し、活動経費を引いた収益の全てを東北へ寄付する予定だ。

LEAVE A COMMENT

Monday, May 28, 2012 - BY

瀬尻稜 が 世界大会「FAR’N HIGH」で7位入賞!

5月 25〜27日 の3日間、フランスのパリでスケートボードのワールドカップ「Far’n High 2012」が開催された。このコンテストは昨年より開催され、ヨーロッパ全土から次世代を担うトップスケーター達が集結する非常にハイレベルな内容となっている。日本からはELEMENTの瀬尻稜、DCの山城正隆が参戦。瀬尻稜は26日の予選を112人中トップ通過し、翌27日に行われたSemi-Finalsを5位通過、Finalsでは最高の滑りができなかったものの見事に7位入賞を果たした!Congratulation Ryo!!! 昨年のDEW TOUR11位に引き続き、今回も世界の舞台で結果を残した。

Far’n High International Skateboard Contest – Official Site

LEAVE A COMMENT

Thursday, March 8, 2012 - BY

ハイオーリーコンテストWHO’S HI-OLLIE?の動画をアップ!

2月14日にアクションスポーツ合同展示会場Interstyle内で行なわれたELEMENT主催のハイオーリーコンテスト「WHO’S HI-OLLIE?」の動画をアップ。ELEMENT JAPANの阿部直央、DORCUSの松村雅樹、RESQUEの山城正隆といったトップスケーター達が高記録を残す中、結果、42inch(106cm)の驚異的なハイオーリーを記録した池田幸太が優勝を果たした。Congrats Kota! 80cmに残ったスケーターが15人以上という非常にハイレベルなコンテスト内容をご覧下さい!

LEAVE A COMMENT

Friday, February 17, 2012 - BY

WHO’S HI-OLLIE? は池田幸太が106cmを跳んで優勝!

2月14日にアクションスポーツ合同展示会場Interstyle内で行なわれたELEMENT主催のハイオーリーコンテスト「Who’s Hi-Ollie?」は、80cmに残ったスケーターが15人以上というハイレベルな内容となった。ELEMENT JAPANの阿部直央、DORCUSの松村雅樹、RESQUEの山城正隆といった国内トップスケーター達が次々と高記録を残す中、106cmという驚異的なハイオーリーを記録した池田幸太が見事に優勝を果たした。この記録は、前田正義が持つ105cm(2002年)、小川大輔が持つ109cm(2005年)に割り込む国内歴代第2位の記録となる。Congrats Kota!

LEAVE A COMMENT