Archive for May, 2016

Tuesday, May 31, 2016 - BY

国内最終戦チケットを掛けた 第4戦 千葉を制したのは吉川楓!

CHIBA, JP – MAKE IT COUNT 2016

RESULTS:

Overall Winner: Kaede Yoshikawa
Japan Finalists: Kaede Yoshikawa, Kai Kishi, Yukito Aoki

13 and Up
1st Place: Kaede Yoshikawa
2nd Place: Kai Kishi
3rd Place: Mantaro Tokura

12 and Under
1st Place: Yukito Aoki
2nd Place: Kairi Netsuke
3rd Place: Asahi Uchiyama

去る5月29日(日)、Make It Countコンテスト第4戦が、昨年千葉県市川市にオープンしたUnionスケートパークにて開催。この第4戦目は、千葉を中心に強い影響力を持つプロショップInstantとの共同開催、そして関東予選ということもあってか、エントリー数は80名を越え、関東圏を中心に、東北、信越、東海など各地域から実力者達が集結。ギャラリーは300名を越える大盛況ぶりをみせた。さらに、ライヴ映像配信サービス「AbemaTV FRESH!」の協力で、第1戦大阪開催に引き続きインターネット上で生中継を実施。今回も中継のメインキャスターには阿部直央が抜擢され、大会ヘッドジャッジに川渕裕聡、会場MCに上田豪プロといった豪華メンツが顔を揃えた。12歳以下、13歳以上の2クラスに別れ、1グループ6〜8名で5分間のジャムセッションを行い、各グループより2名が勝ち上がるといったルールで、予選、準決勝、決勝と行われていった。7月の国内最終戦行きのチケットを掛け、各地から集結したスケーター達がしのぎを削り、過去最高にハイレベルな激戦となった本戦。結果、12歳以下クラスでは、レッジやレール、エア等、スピーディーかつスタイリッシュに次々とメイクを決めた青木勇貴斗が優勝。13歳以上クラスでは、パワフルなスケーティングで会場を沸かせた戸倉万汰廊が3位、メイン&スイッチトリックでクリーンかつ難易度の高い滑りを披露した岸海が2位、そして、ハードフリップBsリップやフリップトランスファーBsリップなどのハイレベルトリックを連発した吉川楓が、見事優勝を勝ち取った。7月の国内最終戦のチケットは、吉川楓、岸海、青木勇貴斗の3人に手渡された。Congrats!! 次回第5戦は、Make It Countが北海道に初上陸! 6月12日(日)に札幌Ediasスケートパークで開催!

Words and Photos by Naoshi Imai

MAKE IT COUNT 2016 JAPAN | http://elementjapan.com/make-it-count-japan-2016

LEAVE A COMMENT

Wednesday, May 18, 2016 - BY

MAKE IT COUNT 第3戦 激戦区 福岡を制したのは福田達也!

FUKUOKA, JP – MAKE IT COUNT 2016

RESULTS:

Overall Winner: Tatsuya Fukuda
Japan Finalists: Tatsuya Fukuda, Leo Takayama, Kenji Nagamatsu

14 and Up
1st Place: Tatsuya Fukuda
2nd Place: Leo Takayama
3rd Place: Kenji Nagamatsu

13 and Under
1st Place: Itsuto Tokiwa
2nd Place: Taiyo Mizote
3rd Place: Taito Takashima

Make It Countコンテスト第3戦は、2012年にNyjah Hustonらが来日を果たした長崎以来となる久しぶりの九州開催。去る5月15日に、福岡県久留米市に位置するSwitchスケートパークで行った。「この時期は雨天が多い」とのローカル談も何のその、当日はこの時期一番の快晴に恵まれ、九州一の室内パークは参加ライダー達の熱気に包まれた。福岡のプロショップGrab協力のもと、九州中の実力派スケーター達が40名弱エントリーし、会場には100名以上のギャラリーで盛り上がりをみせた。13歳以下、14歳以上の2クラスに別れ、予選は1グループ4〜6名で5分間のジャムセッションを2回行い、各グループより2名が勝ち上がって、決勝を行うといったルール。1回目よりも2回目、2回目よりも決勝と、徐々にヒートアップをみせるスケーター達。結果、13歳以下クラスでは、レッジやレールでクリーンな滑りを見せた常磐壱努が優勝。14歳以上クラスでは、スタイルの入った360フリップを始め得意の回し技を披露した永松健児が3位、回しやレールをスタイリッシュかつ高いメイク率で魅せた高山零央が2位、そして、難易度の高いテクニカルな回し技でElement Japanライダー達を唸らせた福田達也が、見事優勝を勝ち取った。7月の国内最終戦のチケットは、永松健児、高山零央、福田達也の3人に手渡された。Congrats!!

Words and Photos by Naoshi Imai

MAKE IT COUNT 2016 JAPAN | http://elementjapan.com/make-it-count-japan-2016

LEAVE A COMMENT

Monday, May 9, 2016 - BY

注目アーティスト達が手掛ける PERSPECTIVE アイテム

FRENCH FRED (フレンチ・フレッド)



photos by French Fred


“French Fred SS1 BLK” | AG021-210
¥4,300-


“French Fred SS1 GRH” | AG021-210
¥4,300-


“French Fred SS1 WHT” | AG021-210
¥4,300-

 

NAT RUSSELL (ナット・ラッセル)

※Tシャツは参考商品


“Appleyard Stargazer” (7.875×32)
AG027-110 *Featherlight
¥11,000-


“Evan Stargazer” (7.75×32.25)
AG027-111 *Featherlight
¥11,000-


“Madars Stargazer” (8×32.0625)
AG027-112 *Featherlight
¥11,000-

LEAVE A COMMENT