Friday, June 6, 2014 - BY

MAKE IT COUNT 富山は 14歳のアップカマー 小鈴大和が優勝!

TOYAMA, JP – MAKE IT COUNT 2014

RESULTS:

Overall Winner: Yamato Kosuzu

13 and Under
Session1: Toki Kakitani
Session2: Haruto Hoshino

14 and Up
Session1-A: Anderson Nakashima    Session1-B: Ryuya Nakagawa
Session2-A: Leo Takayama        Session2-B: Kaito Nakata
Session3-A: Yamato Kosuzu        Session3-B: Kensuke Sasaoka

 5月31日(土)、2014年のMake It Count国内戦を締めくくる最終戦が、ゴールデンウィークに富山市にオープンしたばかりの「NIX(ニックス)スポーツアカデミー」で開催となった。今回の富山戦には、阿部直央、川渕裕聡、久賀翼、阿部涼太、佐野誠哉、森岡正治らELEMENTライダーの他に、イベントスポンサーであるDAKINEからも松尾裕幸、山城正隆といった豪華メンツが集結。さらに日本最大、日本初の”スケートプラザ”型のパークということもあり、会場には多くの人達が朝から詰めかけ、富山を中心に、岐阜、石川、愛知、静岡、三重、大阪、奈良、京都、香川、東京、千葉、神奈川、福島、山形、秋田から、総勢53名の実力者達がエントリー。ギャラリーは400名ほどに膨れ上がった。
 10分間のセッションを計8回行い、安定感のあるハンドレールトリックを連発した高山零央や、スタイルある回しで会場を沸かせた中田海斗、テクニカルな回し&レッジトリックを披露した中島アンデルソン、さらにイッケイケなスタイルからヒップでBs270ヒールフリップをメイクした笹岡健介など、観る側を魅了するハイレベルでクオリティーの高いセッションを披露してくれた。そんな中優勝を勝ち取ったのは、愛知から参戦した14歳のアップカマー、小鈴大和!ステアでのBsビッグスピンフリップや特大ギャップでのキックフリップなど、安定感と勢いを持ち合わせたスタイルでギャラリーを惹き付けていた。Congrats Yamato!!! これで広島戦の優勝者と富山戦の優勝者が出揃った。8月のアメリカ最終戦行きのチケットを手に入れるのはどちらか1名。発表は6月20日(金)、ウェブサイトとSNSで発表となる。アメリカ行きを手に入れるのは誰だ?!


COMMENTS