Archive for November, 2012

Sunday, November 25, 2012 - BY

子供達のためにミニランプを!

ELEMENTが運営する非営利団体 Elemental Awarenessが、アリゾナ州サンカルロスにてキッズのためにミニランプを作るイベントを主催。アーティストのMike Kershnerも参加し、1日かけて子供達とともにミニランプを作成し、セッションを楽しんだ。その他の写真は下記リンクからもチェックできます。

ELEMENTAL AWARENESS | HIGH DESERT SOLITAIRE REZ TOUR 2012

LEAVE A COMMENT

Saturday, November 24, 2012 - BY

福島復興 イベント「TO THE FUTURE」動画をアップ!

9月中旬に開催した 福島復興イベント「To The Future」の動画をアップ。ローカルを代表するショップShredder Diを中心に、Absorb、Entranceの協力のもと、福島市の繁華街を封鎖して、スケートボード、ライヴ、地元特産品の販売など大規模なお祭りとなった。ケートブランドからはELEMENTとKnow1edgeが協賛し、阿部直央、瀬尻稜、吉田徹、荒木塁、大矢尚孝、白石洋平ら豪華トップライダーによるデモンストレーション、そして地元福島のアマチュアへ向けたコンテストが開催。大いに盛り上がりをみせた。

LEAVE A COMMENT

Thursday, November 22, 2012 - BY

阿部直央とBUCHIによる青森スケートデモ映像がアップ!


9月に青森で開催した 震災復興イベント「元気祭り」。音楽とスケートボードが融合し、青森市と八戸市の協力を経て2都市で開催。その際のELEMENT JAPANによるスケートデモの映像がアップされたので、阿部直央とBUCHIこと川渕裕聡のスケーティングをチェックしてみてくれ!映像監修は青森ローカルのFisheye Works!!! Thanks!

AOMORI GENKI MATSURI | ELEMENT JAPAN DEMO

LEAVE A COMMENT

Thursday, November 22, 2012 - BY

Evan SmithとJulian Davidsonが2012ベストアマチュアにノミネート!

アメリカの人気スケートボード雑誌「The Skateboard Mag」にて2012年のベストアマチュアを決める投票が開催中。ELEMENTからはEvan SmithとJulian Davidsonが選出されている!是非投票に参加してみてほしい。投票は下記から。

THE SKATEBOARD MAG | VOTE FOR THE YEAR’S BEST AM

LEAVE A COMMENT

Monday, November 12, 2012 - BY

シーンを刺激する アップカマー 、阿部涼太をインタビュー

今年行われたELEMENT主催のMake It Countコンテスト国内戦を勝ち抜き、アメリカ最終戦のハイオーリーコンテストでの優勝、US TransWorldThe Berricsにも出演を果たすなど大きな話題をさらった阿部涼太。最近ではLAKAIG-SHOCKの国内コンテストでも優勝を果たすなど、シーンを騒がせている。

ELEMENT:ハイオーリー優勝おめでとう!39インチ(1m)を跳んで優勝を決めた時の状況を教えて?
RYOTA:ハイオーリーはそこまで自信がなかったんだけど、やってみたら優勝できちゃったみたいな。徐々にバーが高くなるうちに Dustin(Blauvelt)との2人にしぼられて、1mの高さでお互いにミスって、合計20回ぐらい跳んだ結果、最後は俺が成功して、Dustinがミスって。優勝が決まった瞬間は何がなんだか分からなくて、ELEMENTのプロライダーや社長のJohnny(Schillereff)らに囲まれて写真とって、テンパってましたね。で、優勝の余韻に浸る間もなく、すぐに決勝が始まるってことだったんで、「次、もう決勝始まるの?どこで?」って慌ただしい感じでした。


E:ストリートパークでの決勝はどうだった?実力を出しきれた?
R:決勝は2つのスケートパークで滑ったんだけど、少し小さめのスケートプラザというパークとメインの大きいパークとで10分間ずつジャム セッションって感じで。実力は超出しきれたと思います。

E:b/sヒールフリップなど、全部で4カット映像が使われていたけど、狙ってたトリックはメイクできた?
R:5-0グラインド180アウト、ノーリーf/sフィーブル、フリップb/sリップ。実は他にもいろいろメイクしてて、メインコースのバンク toバンクで全越えのハードフリップや、ハンドレールでビッグスピンボードスライドもやったんだけど、撮られてなかった。。。でも、周りのみんなが「今の良かったね!」とか「超スティーズだったよ!」って喜んでくれたから嬉しかった。

E:優勝はカナダのJon Cosだったけど、表彰台の3人はどうやって選ばれたの?
R:スケートプラザとメインコースの2回のセッションでそれぞれ1番すごかった人が選ばれて、もう一人はハンドレールのベストトリック。優勝したJonとはずっと同じバン(車)で、PCでフッテージを見せてくれたり、超仲良くなって、いろんなことを教えてくれた。みんな良いやつでしたね。 大会って言うよりは上手いやつらと本気でセッションするって感じだった。毎日一緒にセッションしてたから、決勝も全然緊張しなかったし、気軽に滑れました。


E:コンテストに出るきっかけは?
R:俺は最初コンテストに出たくなかった。あまり好きじゃなくて。で、幸太(池田)くんと豪(上田)さんとブチ(川渕裕聡)くんに、「なんでアメリカ行けるのにそんなに尖ってんだよ!ハングリー精神が足りない!」って活を入れられて。でも出場したら、なんかすごく楽しくなっちゃって、結果優勝できちゃったって感じ。先輩達からの助言をもらって本当に感謝してます。最近はストリートでばかり滑ってて、仙台ではフォトグラファーのIsozakiさんと動いたり、山形のユウ(佐藤)くんとか海斗(村井)とかと滑ってましたね。あとナオ(阿部直央)くんとか祥太(菊池)くんともちょこちょこと。
 
E:アメリカ行きが決まったときの気分は。
R:嬉しかったんだけど、全然実感がなかった。本当にアメリカに行けるのか?って。海外に行くこと自体が初めてだったから、空港に近づくにつれてテンションがあがってきて、飛行機に乗るのも人生で2回目だったから楽しくてしょうがなかった。LAX空港を出たとたん、「車も道路もデカい!」みたいな。相当アガってました。

E:アメリカでの集団生活はどうだった?
R:初日はLAXの近くにあるBerricsの屋外パブリックパークに連れてかれて、ファイナリストのみんなと一緒に滑って。夜に合流するや つも いたんで、2日目にみんなと顔を合わせでした。自己紹介したら、日本人だからなのかみんな珍しがって、すごく親切にしてくれた。涼って自己紹介しても、「リョウ」って発音できないらしくずっと「ヨー!」って呼ばれてて、それが面白かったのか「ヨーヨー!」ってみんなが呼んでくれた。でも挨拶なのか名前を呼ばれてるのか区別がつかなくてテンパってた(笑)。2日目はTransWorldパークに滑りに行って、ビデオで見てる世界だったから「実際は意外と小さいな」みたいな感じだったけど、TransWorldのフィルマーがいたから「とにかく滑ろう」ってなって。ひたすら滑ってましたね。


E:f/sスミスtoフリップアウト、良いのを残してたよね?
R:みんなすごいトリックばかりをやってるから、自分も良いのを残したいなってチャレンジしました。日本とアメリカは全然違いますね、規模が。向こうではみんなが見たことも聞いたこともないトリックをバンバン決めるんすよ。ハードフリップf/sノーズスライドとか、ハードフリップb/s リップtoショービットとか、スイッチb/sテールブラントとか、みんな簡単にメイクしてた。「もっと頑張んないと」と思いましたね。

E:アメリカでいろんな影響を受けてきたんだ。
R:向こうで動いているうちに100%考えが変わりましたね。言葉が上手く通じないから、良い訳もできない。「足が痛い」「疲れた」「調子が悪い」とか、みんなそんなこと一言も言わないで滑ってる。プロになりたいのか分からないけど、みんなひたすら滑ってるんですよ。それを見て今後は言い訳をしないことに決めました。

E:ELEMENTのプロには会った?
R:Mark AppleyardとLevi Brown、Julian Davidson、Nassim Guammazとか、FlipのLuis Lopezにも会いました。

E:最終戦の後に行った、屋内のBerricsパークはどんな感じだったの?
R:昨年のDVDを観てたから、Berricsに近づくにつれて「あ、この辺だ!」みたいな。パークに入って滑り始めたら、1週間フルで滑ってたから体が全然動かなくて。で、俺のやりたいトリックを他のやつらが次々ファーストメイクしちゃうんですよ。でも3トリック残せたから良かった。 ノーズグラインド、b/sヒールフリップ、インポッシブル。パークにはKenny AndersonとEric Kostonもいましたね。

E:集団生活を通して特別ヤバかったやつは?
R:Jon Cosが一番ヤバかった。スケートもキャラも。みんなテンションが高くって、ずっと一緒で、言葉も通じなかったけど、全然ストレスは感じなかった。一緒に スケートして楽しかった。

E:東京に出てきて最近の活動はどんな感じ?
R:とりあえずスケートがしたいって感じで出てきて、メディアやメーカーも近いし、幸太くんとか松尾(裕幸)くんとか一緒に滑れる友達も多いから来た感じですね。いつもはThomas Filmsのトーマス君とか、松尾くんにも映像を撮ってもらったり、稜(瀬尻)と一緒に動いたり。みんなで集合して撮影に行く感じ。で、今、上井陵と一緒に住んでます(笑)。ガキの頃から、陵(上井)とは仲が良くて、埼玉と仙台だったけど連絡も頻繁に取ってて。今は面倒みてもらってますね。シェアしてる。

E:今後の目標は?
R:名前を多くの人に知ってもらうこと。メディアで特集されたり、ビデオパートを残したい。最終的には自分のモデルを出して、海外でも活躍できるプロスケーターになりたい。とりあえず早くLAに帰りたいですね(笑)。

name:Ryota Abe / 阿部 涼太 / あべ りょうた
born:1993年7月17日生まれ。宮城県仙台市出身

interview by Element Japan

LEAVE A COMMENT

Thursday, November 8, 2012 - BY

ELEMENT STORE原宿の1周年記念パーティー

来る11月16日(金)にELEMENT STORE原宿の1周年記念パーティーが開催。ELEMENTチームの未公開映像(2作品)の上映会、フォトグラファーSHAMA氏による写真展を行うほか、ELEMENTライダー達が会場に集結!フリービア&フリーフード!もちろん入場無料です!さらに先着50名にノベリティーグッズのプレゼントあり!パーティー終了後は渋谷LOUNGE NEOに場所を移し、アフターイベントも開催予定。誰でも入場可なので、気軽に遊びに来て下さい!

■日時:11月16日(金)18:00~20:00
■場所:ELEMENT STORE & BILLABONG STORE 原宿
   (東京都渋谷区神宮前5-27-5 TOLDA 1F/2F)
■上映会
・ELEMENT 福島&仙台 TOUR (Filmed&Edited by Akira Sakuma)
・ELEMENT JAPAN TOUR 未公開映像 (Filmed&Edited by Hidenori Tanaka)
■写真展
・Photographer:SHAMA (RUA MAGAZINE)

LEAVE A COMMENT

Wednesday, November 7, 2012 - BY

瀬尻稜が AJSA 2012 の年間優勝者に! 佐川涼もプロ戦 初優勝!

国内最高峰 スケートボード コンテスト「AJSA PRO TOUR 2012」にて瀬尻稜が年間優勝を果たした! 11月3日に東京都足立区にあるMap’s東京スケートパークで行われた最終戦は、足の怪我のために不出場となったものの、年間4年のうち早々と初戦、2戦目で連続優勝を果たして年間優勝を決めた。現在も出場しているプロ戦で無敗記録を更新し続けている。そして瀬尻が欠場した最終戦では、6月のMake It Countコンテスト後にELEMENT Youthチームでのサポートが始まった佐川涼が見事優勝。年間結果でも1位に瀬尻、2位に佐川とELEMENTが見事に上位を独占した。Congrats!!! Double Ryo!!!

AJSA PRO TOUR 2012 | DC CUP

LEAVE A COMMENT

Tuesday, November 6, 2012 - BY

NICK GARCIAのプロ記念パーティー

先週末の金曜日に、Nick Garciaのプロ転向を祝う記念パーティーをLAロングビーチのThe Red Room barにて開催!会場にはELEMENTチームを始め、多くの業界関係者がNickを祝うために駆けつけてくれた!おめでとう!ニック!!! 他の写真はFlickerでチェック。

FLICKER | NICK GARCIA PRO PARTY

LEAVE A COMMENT

Tuesday, November 6, 2012 - BY

NICK GARCIAが新しいプロライダーに!

ELEMENTチームのニュープロライダーにNick Garciaが加入!現在Nickの昇格を祝う特設ウェブページが開設中で、ウェルカムフッテージを見ることができるぞ。

NEW ELEMENT PRO | NICK GARCIA

LEAVE A COMMENT

Thursday, November 1, 2012 - BY

ELEMENT ニュープロライダーがまもなく誕生!

ELEMENT USAチームに新しいプロライダーが11月3日(土)にウェブサイト上で発表されます!現在カウントダウン特設ページが出来ているのでチェックしてみてください。

ELEMENT BRAND - NEW ELEMENT PRO

LEAVE A COMMENT